最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギリシャ、ユーロを離脱 「音楽性の違い」理由に

 ギリシャは17日、ユーロからの離脱を正式に表明した。国民による総選挙やり直しの結果を受けたもので、古代ギリシャからの民族音楽を志向する「歴史音楽党」が勝利。フランスを中心としたユーロがプログレッシブロックを基本路線とする中で、「音楽性の違い」は修復不可能なレベルに達したと判断した。
 選挙戦に勝利したダスカルディス党首は「これが新たな一歩。これからは本当の意味で自由な音楽表現ができる」と満足げに話した。ギリシャはこれまでユーロのパーカッションを担当してきたが、国内でパーカッション人気は高まらず、人員不足が深刻な問題となっていた。

 これまでもくり返されてきた、「音楽性の違い」によるユーロ不参加・離脱。結成時には、イギリスがビートルズの流れを組んだロックミュージックを主張して不参加に。近年では、オペラへの原点回帰を主張するイタリアなども離脱を考えているという。

 7月にワールドツアーを予定していたユーロは、ギリシャの穴を埋めるべく、スペインをカスタネット専属から配置換え。しかしそのスペインも道具の維持費用が原因で深刻な財政不足に陥っており、先行きは不透明なままだ。
[PR]
by remarkabler | 2012-06-18 23:26

東京地裁、AKB総選挙に「合憲」判決 「一票の格差」認めず

東京地裁(前田敦男裁判長)は10日、AKB48総選挙について、「一票の格差」を認めない判決を下した。かねてより問題視されていた部分に、司法判断が初めて切り込んだ格好だ。

この訴えは、2011年6月のAKB48選抜総選挙において、「一票の格差」が最大4000倍に及んだことは「法の下に平等を定めた憲法に違反している」とし、都内在住の男性(34)が選挙無効(やり直し)を求めていたもの。
男性はこの選挙で、なけなしの小遣いで投票券入りCDを1枚購入。「推しメン」と呼ばれる一押しのメンバーに一票を投じたが、このメンバーは選抜入りを逃したという。しかし、その後「一人で4000枚もCDを購入して投票する男性」をテレビで知り、選挙制度の平等性に疑問を持ったとしている。

判決で前田裁判長は「AKB48選抜総選挙は憲法に準ぜず、よって法ではなく『財力の下に平等』であるべき」と述べ、現行制度で何ら問題ないとする見解を示した。
原告の男性は即日控訴した。

今年6月の総選挙では貯金50万円をつぎ込んで投票券を購入するファンも登場するなど、選挙戦は規模・注目度ともに「国民的行事」(フジテレビ関係者)。資金を注ぎ込むことが当選への定石になりつつある現状を判決が加速させることを懸念する声もあるが、AKB48ファンの反応は冷静。「経済力を使うのも、ようは熱意の見せ方のひとつ」「裁判所のお墨付きが出た」などの意見がネット上で大勢を占めた。

その一方、前田裁判長の「推しメン」が問題の選挙で1位を獲得していたこともあり、「やり直しは絶対に認めたくなかったのではないか」との意見も見られた。

またこの日、大阪地裁にも同様の訴えがあり、受理されたことも判明。この問題が全国に波及する可能性も出てきた。
[PR]
by remarkabler | 2012-06-11 03:01 | 社会:十階堂将也

環境省でウルトラスーパークールビズ始まる 上裸の男性職員、路上で普及呼びかけ

 基本的に「上裸」での勤務を認める「ウルトラスーパークールビズ」が4日、環境省で試験的にスタートした。今夏の節電対策や地球温暖化に備えたもので、一部職員が参加。午前8時30分の出勤時間帯には、東京メトロ・霞ヶ関駅から上半身裸の男性職員が下車する姿が見られた。

 「ウルトラスーパークールビズ」は、ノーネクタイで仕事をする「クールビズ」、ポロシャツなどラフな姿を認める「スーパークールビズ」に続く、「クールビズの最上級」。「昔は近所のおじさんが軒先に裸で涼んでいた」という細井環境相の思い出に基づいて発案され、先月末から「ウルトラスーパークールビズ実施検討委員会」が環境省内に設置されていた。
 しかし、環境省全体で一斉スタートすることは「倫理的に厳しい」(同省職員)とされ、一度計画がとん挫。調整を重ね、立候補した男性職員8人で試験的に実施したという。

 人通りの多い昼の時間帯には、上裸の職員全員が路上に立ってウルトラスーパークールビズ普及を呼びかけ。一般からの通報で駆け付けた警察官に職務質問される騒動もあったが、参加した男性職員(43)は「体感温度がいつもと違う。涼しいのレベルを超えて、すがすがしい」と効果を強調した。しかし、路上での呼びかけを見ていた女性(24)は「これからお昼なのに・・・なんてもの見せるんですか」と話し、つらそうな表情で走り去ったのが印象的だった。
[PR]
by remarkabler | 2012-06-04 02:49 | 社会:十階堂将也

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳