最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Musical Batonの計画が明かされる

最近、世界規模でネットに広がっているMusical Baton。その発信元である、アメリカ・アップル社の広告経営統轄長ベン・カラスカ氏が28日、隠されていた計画について発表した。
「最終的には、Musical Batonの通った方々のコンピュータをつないで、メロディーを奏でることができるのです」

現在、世界中で製造・販売されているコンピュータのCPUには、必ず「分離式共鳴回路」(以下EXP)※が1つ埋め込まれている。EXPは、製造される環境、温度、湿度などの微妙な差で、製品別にわずかな違いが生じる。分類すると88種類になり、あなたの使用しているコンピュータも88種類のうち1種類が埋め込まれていることになる。

カラスカ氏は、この88種類のEXPに特別な文字列を通過させると、それぞれ違った音声が発せられることを知り、Musical Batonを考案した。
「Musical Batonは、文章を『特別な文字列』で構成しています。ですから、このBatonを受け取ったコンピュータは、1つの音を出す鍵盤になるのです」
「88」と言うのは、一般的なピアノの鍵盤数。この偶然も重なって「世界鍵盤プロジェクト」は発信された。
「『今聴いている曲』『好きな曲』などの回答を集計し、同じ曲を選んだ人々の鍵盤を組み立ててその曲を奏でる」というのが最終目的で、来月には行われる予定。曲の「中継地点」となるユーザには、アップル社からメールが届くという。

全てのコンピュータに内蔵された回路を使用した新しい試みで、注目を浴びている。音楽を演奏すること以外の利用法も検討され、新時代のきっかけになるとの見方も強い。

※本来は、プログラムを滞りなく通過させる潤滑油的な役割を持つ回路で、1989年に世界コンピュータ審議会において全企業で導入することが決定された。日本では、87年以降の全製品が採用している。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-28 21:57 | 科学とコンピュータ:小野将吾

プロ化する甲子園 行き過ぎた強化自主求め

球児の夏、甲子園に異変が起きている。

高野連の高野是貴理事長は28日、顕著に活発化している「強化競争」に対して自粛を求める意見文を全国に配布した。来年からは一部を違反とする方向で決定しつつあり、厳罰に処せられる可能性もあるとのこと。
「あくまで、スポーツマンシップに則ってチーム作りをしていただきたい」と語った。

近年、各高校では盛んに外国籍生徒を招聘する「助っ人生徒」が常識化しつつある。実際、昨年のベンチ入り生徒を見る限り、半数が外国籍だった。
決勝戦では、宮城代表の鶴本高校のエース、アレックス・ヨハンセン君(アメリカ)と千葉代表新井商業高校のエース、金達民君(韓国)の投げ合いだった。外国籍の先発投手による決勝戦は、3年連続4度目。
日本人の生徒は10年連続で減少している。

また、高校間では「留学」と称したトレードが頻繁に行われ、一部では留学費用の名目で高額の移籍金が動いている事例も判明している。特定の金満校による選手のかき集め問題が深刻化しており、東京都の慈愛案津高校は今回、名指しで批判された。

監督も、外部から招く体制が合法化して以来、各校がこぞって「名将」を呼び寄せた。中でも、南海高校(鹿児島)は野村克也氏、毬名高校(兵庫)は長谷川滋利氏が監督を務め、矢野木津高校(東京)は、ロジャー・クレメンス氏が「総名誉監督」となっている。

このように、外国人選手の増加やトレードなど、半ば「プロ化」が目立つ高校球界の原因は、野球人気の低迷。世界的に競技人口の少ない野球にあって、プロとして成り立つのは日本、アメリカ程度。そこで、外国人枠が撤廃されている日本球界入りを目指す外国籍の青年が、自ら志願して留学していることもある。
韓国では3年前にプロ野球が廃止され、アメリカでも人気は年々低下。オリンピック競技からも外された現在、日本国内で野球を志す高校生は少なく、こちらも問題となっている。

2025年7月28日
[PR]
by remarkabler | 2005-06-28 21:30 | スポーツ:進藤進

たらいが人気 「体に良い」

いま、巷は若い女性を中心に空前の「たらい」ブーム。全国の金物屋ではたらいが売り切れ、スーパーでは取り扱いを始めるところも出てきた。

国立衛生研究所の高橋礼二所長によれば、たらいを構成する金属に含まれるタライーゼZとタライオネアβという成分が、人体に対して良いらしい。その他、タンポポーゼやダンデライオネアα、スプチノベル酸クリオネソニーベーダ、さらにポンズリンリンランランジュゲムジュゲムという体に良い成分が入っているとのこと。
「よくわからないが、人体に悪影響は認められません。なにかが体に良いのでしょう」(高橋所長)

発端は、「発掘あるある大事典Ⅲ」(CX)。美容健康に効果のあるものを紹介する人気番組。今月19日に放送された同番組は、「たらいで再興・我が健康」と特集した。
その中で、「たらいで米を炊くと体に良い」「一日一回、たらいを頭上に落とすと新陳代謝が活発化」「たらい風呂で美容効果に期待できる」などと紹介した。

放送直後から全国のたらいが売り切れ、都内で金物屋を営む和久井正二さんは「驚いた。来年分まで予約が入っちゃってね、たらい様様だよ」と嬉しい悲鳴をあげている。
この日、昼休み中にたらいを買いに来たというOLは「効果はすごいみたいです。たらい風呂を20日間続けると、急に頭が良くなるらしいですよ。番組の検証VTRでは大検に合格してましたし…。わたしは、とーだいを目指します」
わざわざ群馬県から来た女子大生は「たらいを頭にのせて1キロ歩くと、神が見えるようになるらしいし、ノーベル賞もとれると実験で実証されていた」と語った。

これまでもあるある大事典Ⅲではタバコの灰、芥子の実、クワガタの角などを特集し社会現象を巻き起こした過去がある。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-25 00:00 | 社会:十階堂将也

「大富豪」「UNO」統一ルール制定へ 政府が委員会発足

全国で人気の高いカードゲーム「大富豪」「UNO」の、地域的なルール差異を深刻に受け止めた小泉首相は21日、記者団に対し「統一ルール制定へ向けた特別委員会を発足させる」と宣言した。歴代首相の中で、特定のゲーム問題に介入するのは初めて。

前日、国会答弁で民主党の大洲義弘議員が「地域別の大富豪やUNOのルールがバラバラすぎる。教育界では、転校生が新しいルールになじめず不登校になるケースも増えている」と発言。これに対し、小泉首相は「昔は丁半博打だって多少の違いがあって、苦労した。しかし、現代のゲームでもそうしたことが頻繁に見られるのなら、対処すべき」と改善の意思を表明していた。

委員会は、明日にも骨子が明らかになる見通し。現職議員で作る「とらんぷ愛好会」会員が中心となると見られるが、対する「UNO連盟」とのポジション争いが予想される。
首相は、「3、4年後までに制定できれば。ちょうど、孫が物心付く頃なんだよね」と希望を口にした。

街の声。
「『革命』を知らなかった。統一で、これまで対戦できなかった地域との交流が愉しみ」……主婦
「『シバリ』を知らずに馬鹿にされた思い出がある。
同じ思いをする子がいなくなると思うと、ほっとする」……現職教員

<100記事到達!>
[PR]
by remarkabler | 2005-06-21 23:04 | 経済:大村兼

安田大サーカスをつんく♂氏がプロデュースで合意

人気お笑いトリオの、安田大サーカス(安田団長)が20日、自身のHP上で「つんく♂」氏のプロデューサー就任を公表した。

つんく♂氏は、モーニング娘。などを手がけたことなどで知られ、その売り込み手腕は「ハズレ無し」と呼ばれる。
一方で、安田大サーカスは所属事務所との営業方針の違いから生じたトラブルが先日報道されたばかり。衰えの兆しが見えるお笑いブームに乗り続ける策として、安田団長自ら依頼したという。

「僕らは何でもするし、やり遂げる自信がある」(安田団長)とつんく♂氏の方針に従う構えで、今後の活動が注目される。同HP上では、「メンバーの独立や新入団なども予定し、半永久的に継続していく『安田ブランド』の成立を夢見ています」とも記載されている。

つんく♂氏は、自身の初プロデュースがお笑いコンビFUJIWARAだったことを引き合いに出し「原点に変える気持ちやね。気が乗らんけど、しゃあないんちゃう?」とコメントを出した。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-21 22:44 | 芸能: 水野亜紀

広辞苑、一新へ 月間方式取り入れ

長年、日本で親しまれてきた「広辞苑」。しかし、近年は発行部数が伸び悩み、出版元の岩波書店(東京)は「広辞苑のイメージ、内容、形式一新」を宣言した。

広辞苑は、発行部数が1000万部(累計)を超える「国民的辞書」。一昨年まで毎年1万部以上が売れていたが、昨年は9000部、今年も1万部割れの見通しと状況は苦しい。

また、先月には『黄金虫』を「丸い虫」、『恐竜』を「トカゲの一種」と説明、挙句の果てには「U.F.O」に関して「私は、彼らの存在を信じている」との説明を載せた事実が発覚。こうした不祥事からか広辞苑離れは深刻化している。

そこで、発行元の岩波書店は売り上げ増加を目指して、月間誌形式にし、毎月の『旬な言葉』を紹介する方針を決定。その中で、

・「ページを使ったクロスワードの実施」
・「『マイ・ワード』のページを作り、利用者自身の言葉を収録できるようにする」
・「言葉の発祥の地を俳優が巡る『ことば・ふるさと探訪』特集の固定」
・「若者向けの特集」
                            (写真)
c0006425_21501436.jpg
――などが予定されている。名称は「KOJI-EN」(岩波書店・ディアゴスティーニ協力)になる予定で、編集長はみうらじゅんさん。『ことば・ふるさと探訪』では、リポーターの「ことば大使」に俳優の阿藤快さんが選ばれた。
また、「ギャル語」、「なんちゃって英語」などの広辞苑収録も視野に入れ調整を進めているとのこと。これらは、来月からの広辞苑メールマガジンで詳細が明らかになる。
編纂委員の大幅な入れ替えも予想され、みうらじゅんさんの人事が注目される。

金田一武義・早稲田大学教授(言語学)の話――「私も買います」
[PR]
by remarkabler | 2005-06-20 21:19 | 社会:十階堂将也

ブログ税、今夏導入で合意

昨年の発表以来、予想以上に論争が長引いて続いていた「ブログ税導入」。しかし、14日午後、細田官房長官が「導入で最終的に合意した」と公表した。

ブログ税は、ブログ(ホームページサービスの一種)を持つ全ての国民が対象で、1つのブログごとに対象。税率は政府の「ネットワーク調査委員会」がブログの用量を計測し、それにあわせた金額が課せられる見通しとなった。

ブログとは「ウェブログ」の略で、近年は手軽にホームページが持てる便利さから人気を呼び、インターネット上ではひとつのジャンルを形成しつつある。主要なサービスとして、無料で開設できるエキサイトブログは259,000人(05年6月14日現在)が登録している。細田長官の説明では、主要企業(excite、goo、livedoorなど数社)は協力に合意したという。

政府の試算によると、今回のブログ税による徴収金額は10億円を超える。

細田長官は、「導入は今年の夏がめどに立った。効果の大きさも考えて、撤廃は無いと思います」と語り、効果のほどに期待を寄せた。

一方で、人権保護団体やネットワーク関連団体の一部が猛反発。世論でも批判的な意見が目立っている。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-14 23:30 | 経済:大村兼

【お詫び記事】偽札は二千円札(本物)と判明 長崎

14日、長崎市の薬局から「変な色をした見慣れないお札がある」との通報を受けて、警察が実物2枚を鑑定したところ、本物の二千円札と判明した。
通報した店主は、「見たこと無いお札が2枚、レジにあったから通報しただけ。額面もおかしいと思った」と話している。

この二千円札は、防犯ビデオなどから14日午前に外国人風の男が支払ったお札と判明していた。警察は、鑑定結果が出る前にこの男に関する逮捕状の請求を行っていたが、先ほど取り消した。

2000円札が発行されて5年。空港での両替など以外では滅多に見ることの無い二千円札の流通実態が浮き彫りとなる出来事だった。
現場に駆けつけた警官、長崎県警の職員、鑑定していた鑑識全員が「外国紙幣の偽札だと思った。まさか日本の紙幣だとは…」と語り、波紋は広がり続けている。

また、この事件をニュースで知った全国で同様の「見たこと無い紙幣」発見の通報が相次いでいるが、ほとんどが二千円札と見られる。

「二千円札を知らない」この事態を受けて、政府は「二千円札問題緊急委員会」設立を宣言した。

【お詫び】先ほどのニュース速報での「偽札発見」は、上記の通り二千円札の誤認と判明しました。間違った情報の伝達、深くお詫び申し上げます。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-14 22:37 | 社会:十階堂将也

ニュース速報

10:29 またまた大浜原発でカレーの匂い漏れる騒ぎ 静岡で

11:30 大量の偽札、全国で発見

13:03 家庭用爪楊枝、銃刀法違反の適用法案の審議問題は決着つかず

13:12 「日本の本州は先史から韓国領土」韓国文化相発言

14:50 NHKがアナウンサーのNG集DVD 在庫大量処分に税金投入

15:37 茄子持った犯人が逃走 群馬

15:45 カードゲーム「大富豪」統一ルール制定へ委員会設立 政府

17:03 ステルス戦闘機、消えたまま出現せず アメリカ

19:00 「振り込めばモザイク消える」 中高生男子狙ったの振り込め詐欺に注意呼びかけ

19:03 肖像権めぐる「月とすっぽん」裁判、すっぽん側敗訴 「類似性高くない」

21:37 犬猿の仲、和解へ 

22:12 パイン缶に酢豚混入 ガゴメ自主回収へ

円/ペソ相場 26円49銭
[PR]
by remarkabler | 2005-06-14 22:15 | ニュース速報

書評「賢者の石と世界の中心で、ソナタと会いに行きます」

「文学は爆発だ」と言って憚らないほどのエネルギーを持った作品が上梓された。もはや核爆発、原子レベルでの驚愕!恋愛小説の頂点、ここに登場。

こんなオビ文句に惹かれて読んだのが、「賢者の石と世界の中心で、ソナタと会いに行きます」(J.K.恭司・陽学館・1500円)。確かにぶっ飛んでいるのだけれど、それも半端じゃありませんでした。まず、題名が既に。ベストセラー小説をつなぎ合わせたように見える題名の意味が、微妙に通じてないのは翻訳物(著者は韓国人の新進作家)だからでしょうか。

さて。読んでみました。
この本は、全編が主人公《燕邦》(ヨンファ)と呼ばれる韓国人青年の手記という形で進みます。
不治の病で亡くなった恋人との思い出に浸る主人公の前に、新しく現れた優しい女性。そんな中、突然目の前に「復活」する亡くなったはずの恋人。同時に、彼の周囲では不可思議な現象が相次ぎます。

不治の病で亡くなった恋人、思い出、純愛、ファンタジー。近年の「純愛ブーム」を見事に取り込んだ考えは認めます。
ですが、いかんせん稚拙です。主人公に「僕が手に持つのは、5年前に彼女が買ってくれた鉛筆を尖らせて、指先に握った」と書く文章センス。「笑顔は般若みたいで、とても愛らしかった」という感性。目新しいのかもしれませんが、正直これは受けないでしょう。むしろ、引きます。

え?「文体は関係ない、展開こそ重要だ」と?
でも…。正直、書くのがつらいんです、私。批判覚悟でプロットを書くと、これは殺人事件、国家的陰謀、日韓関係、イラク戦争、キリスト教、イスラム教、アカデミー賞、アテネオリンピックと世界中のニュースを全て無理やり関連付けています。恋愛小説の主人公に、これだけ冒険させといて、面白いとはなかなかいえません。
それに、最後は主人公が発狂して終わります。嗚呼、突飛もここまで来ると耐え切れません。

「もうじき面白くなるかも?」と思って中盤まで読むと、著者の霊が憑いたかのようになって最後まで読み終えてしまうのは著者の才能といえるかもしれませんが、御自分の体力を褒めてやってください。「よくぞ読みきった!感動した!」と。小説そのものより、そちらで感動できます。

まぁ、1500円をシュレッダーにかける覚悟でも読んでみたいなら、是非どうぞ。なんだか著作権法違反で訴えられているようなので、別の意味で貴重になるかもしれませんよ。
韓国で昨年先行出版されたときは200万部を突破する大ベストセラーだそうです。映画化も企画されているようで…。きっと、「世界の中心は韓国」に則っているのでしょう。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-14 21:49 | 書く:香春嘉子

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳