最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アロー賞発表 日本人は村雨梅雨氏、大野ユタカ氏

アメリカ映画産業で、アカデミー賞と双璧をなすと言われる「アロー賞」。アカデミー賞のように会員による投票ではなく、各映画館に設置された投票箱に身分証明書を提示すれば、1人1回限りで投票が可能なことが大きな特徴で、今年で6回目を迎える。

今年は、現地時間26日(日本時間27日)、ロサンゼルス・ハリウッドのダコタ・フレンディ・シアターで授賞式が行われた。
「レッド・ホット・ママ」が最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞で3冠受賞し、「KAME-HAME-HA」も同じく3冠の栄光。
「最優秀傑作賞」の有力候補だった「AMERICAN LIFE」「ブレア・ブッシュ・プロジェクト」は受賞を逃し、同賞は受賞なし。
日本人としては、「シュリンプ・ココナツ」で熱演を披露した村雨梅雨氏が日本人3人目の助演男優賞、大野ユタカ氏が「冷ゆ夢の夏」で短編監督賞を受賞した。過去3度ノミネートされたタカ・ワタナベ氏は、今回も主演男優賞を逃した。

司会者の「Baiu MURASAME!」、「Yutaka OONO !」という声が響くと、盛大な拍手をもって迎えられた。
2人のサムライが、世界を「斬った」決定的瞬間である。
スピーチでは、村雨氏が「ただ嬉しい。実家にはノミネートすら伝えていなかったので驚くと思う。それ以前に、生きていることすら伝えてなかったかな」と語り笑いを誘った。

………………………………………………………

この賞が企画されたのは7年前。大手出版社・Friends&Picks社の編集者だったジェイミー・スタイン氏がぞっこんの映画「明日は我が身」('98 チェン・ユータン監督)が、一つのタイトルにも輝かなかったことがきっかけ。
当時、「明日は~」は年間2位の興行成績を挙げたものの、「内容が破天荒過ぎる」「アカデミー賞の威厳を損なう」「教養的に良くない」といった意見が多数を占めてノミネートすらされなかった。

これが気に喰わなかったスタイン氏は「面白い映画は評されるべき」の理念でアロー賞を企画。保守的になりつつあったアカデミー賞に対抗する一大イベントとして、翌99年に300の投票箱を設置して第1回を開催した。

映画芸術アカデミー会員による投票が「安定しすぎて」退屈だった市民や、会員になれなかった悔しい思いの俳優たちから大きな反響を呼んだアロー賞は全米にテレビ中継され、現在でも高視聴率を維持している。
ノミネートされているものにはすべて自由に投票でき、またノミネートされていなくても「ノミネート希望票」が一定票を超えると、正式にノミネートされるというシステムの単純さも受けの理由だろう。
「映画を見終わって、感じた票をすぐに投票できることが手軽で受けている。『観客の意思を提示し、映画界の発展を望む』意味もある」と発案者のスタイン氏は自画自賛。

今年は、過去最大規模の全国3200箇所の映画館で投票が行われ、およそ45万票が集まった。そして、例年通りアカデミー賞の前日にロサンゼルスで行われた授賞式の中継視聴率は51%と関心の高さが伺える。
アロー賞は、独特の投票形式から膨大な数の作品がノミネートされることが特徴。今年も、国内外から2241作品がノミネートした。
会場には、一流と言われるスターも登場するのが慣例で、今回もジョージ・ビートやキャサリン・レイノルド、タカ・ワタナベらノミネート関係者らが出席。また、世界中からのファンに加え、小規模な単館上映作品のノミネート関係者らも出席し、「世界中の俳優集結」という「珍光景」が見られるのも大きな魅力だ。

この賞から羽ばたくケースも多く、昨年の興行成績2位に輝いた「カイロ発の客船に」で主演したデニー・ブラックストーンもアロー賞で日の目を浴びた俳優である。
どんな大金をかけた作品も、低資金の自主制作映画も、同じ目線で評価されるこの賞は大きな可能性を秘めていると言えるだろう。

「『賞を取ったからいい映画』ではないんです。いい映画だから、アロー賞は賞を与えて、その映画を記録に残しておくのですよ」とスタイン氏は言う。

………………………………………………………

受賞関係者らの会見は、後日行われる。なお、得票数はなぜか明らかにされないのも慣例である。投票時に添えられたコメントは、1週間後のアロー賞特番で紹介される。

受賞したのは、以下
[PR]
by remarkabler | 2005-02-28 17:44 | 芸能: 水野亜紀

1週間ほど休止

何でも、支局長のモリシタが学年末テストを受けるとのことで、1週間ほどまことに勝手ながら報道をお休みさせていただきます。

存在を忘れないでいただけると嬉しいのですが…。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-26 13:20 | 社からお知らせ

金鉱の跡地は......

c0006425_20413641.jpg
サシャーユの沿岸、ルマニール。3世紀ごろから金鉱発見のために掘られ続けた巨大な穴が数多く存在する。内部は神殿や祭殿が建設されている。

近年、砂浜の侵食によって穴は海水に埋まり一種独特の風景を創った。最も深いもので100メートルあり、ダイビングスポットとしても人気だ。

人間が創り出した自然と言うのか、自然が修復したというのかわからないが、このポイントは数多くの生物の格好の住処。世界遺産にも登録されている。

この海域に入るのは5月から解禁され、10月まで楽しめる。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-22 20:45 | 今日の一枚

フィンランドの"Emerald Snow"採掘場

c0006425_20271744.jpg
フィンランドでは、1月から3月が"エメラルド・スノー"採掘最盛期。

宝石エメラルド色をした不思議な雪が発見されたのは、1864年。わずかな量を毎年、この時季の3ヶ月間だけ採掘し世界中へ贈られる。

観賞用だけではなく、いろいろな効用があるそうで発見から100年以上たった今も謎に包まれた「雪」。光る理由はおろか、正確な構造すらはっきりしない。

日本で最後に展示されたのは大正時代で、今年は愛知万博に出品予定。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-20 20:37 | 今日の一枚

身を危険にさらす芸術?

鷹森美術館で開かれている『「最初で最後の現代アート」展』(4月25日まで)。世界各国の芸術家19名の「現代アート」が200点以上展示されていて、わずか5日で入場者8000人を超えた。

まず、写真を見て欲しい。
ぱっと見たところ、ただ上空から地面を撮影しただけだと思われるだろう。だが、この作品は写真ではない。「観客参加型アート」だという。

小さな部屋に開けられた穴から見た風景を撮影したもののようだ。
観覧者は「展示室」に入ると、部屋の中央にある四角形の穴に気付く。近づくとそこには金属製の橋が架かっていて、渡りながら地上を眺めることが出来る。そして、橋を渡る観覧者は手すりに書かれた言葉を発見する。
「この橋は、手すりのボタンを3つ押すと落ちます」
観覧者はこう考えるだろう。

これは本当なのか? 嘘なのか? まさか、美術館がこんな危ない装置をつけるはずが無い。
でも、本当だからこそこんな注意書きを?

ある者はボタンを1つ押し、またある物は2つ。全く押さないまま渡る者もいるし、全て押してしまう者もあるかもしれない。
実はこの橋がある部屋自体が「作品」で、日本人の大野タダマロ氏が出品。『天空から見た自宅』というもので、「見る人の葛藤を表現したかった。自分の命と好奇心の背比べ」と説明する。

展示直後から賛否両論を呼び、「狂っている」「新感覚を超えた超感覚作品」というコメントの嵐。
なんと、実際に3つボタンを押すと橋が外れる仕組みになっている点も議論の的だ。
この作品は今までに14人が落下したが、実は下に見える風景というのが液晶ディスプレイに映った映像のため、けが人は無い(明かしていい事実なのかはわからないため、この文は削除する可能性があります)。

人権団体が14日に大野氏らに抗議文を送り、16日には国会でも扱われたこの「作品」。波紋はまだまだ広がり続けている。

元ネタ
[PR]
by remarkabler | 2005-02-18 02:05 | 社会:十階堂将也

60年前のバレンタインカード 岡山で

14日、バレンタインデーにふさわしいニュースが起きた。
岡山県に住む女性、大橋千枝さん(78)の元恋人だったイギリス人捕虜の兵士が送った"バレンタインカード"が、60年ぶりに発見され千枝さんの許へ届けられたのだ。
千枝さんは「60年も昔、バレンタインの習慣なんて日本に無かった。でも、今は彼の気持ちを受け止めることが出来ました」と語った。

61年前(1944年)の太平洋戦争末期、日本帝国陸軍の捕虜となっていたイギリス人兵士、ポール・べックハムさん(当時29歳)は岡山県の施設に収容されていた。
また、当時18歳であった千枝さんは学徒動員の一環により同施設に配置されていた。戦闘で負傷していたポールさんの担当医の助手を務めていたのが千枝さんで、このことがきっかけで二人は出逢ったのだという。

「互いに惹かれた」(千枝さん談)という二人は密会を重ねたが、関係に気が付いた施設職員により「陰湿な虐め」を受けた千枝さんは次第にポールさんとの距離を置くようになる。そして、出会ってから11ヵ月後の1945年8月に日本は降伏し、ポールさんは本国イギリスへ帰国、二人は遠く離れることとなった。

その後、千枝さんは日本人男性と結婚。8人の子宝に恵まれ、現在では17人の孫も誕生した生活を送っていたが、今日、自宅に一本の電話があった。
「岡山県文化資料館」という所からのもので、戦時中の外国人捕虜の資料の中にポールさんの書いた千枝さん宛ての"バレンタインカード"が発見されたという。先月3日に発見されていたカードは、懸命な宛て先探しの結果みごとに千枝さんの許に届いたのだ。

欧米のバレンタインデーでも贈り物は習慣。男性から女性へ贈る場合もあり、ポールさんは千枝さんへ宛ててカード(手紙)を書いたが、管理官によって没収され、60年ものあいだ決して贈られることは無かったのだった。

イギリスへ帰国後のポールさんの消息は不明だが、千枝さんにとってこのカードは最後で一生の思い出となったと言う。

「内容?恥ずかしくて言えませんよ」

千枝さんは顔を赤らめてこう言った。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-14 23:56 | 社会:十階堂将也

ヴァンアレン帯デー制定へ

今日は、世に言うバレンタイン・デー。日本独特と化したこの「行事」だが、2月14日を「ヴァンアレン帯デー」にしようという運動が本格化した。ヴァンアレン帯とは、地球の周りを覆う強い放射能が存在している地帯のこと。

提唱者の一人である、日本放射能研究会理事の水島浩二が会見を行い「バレンタインという外来語がここまで市民権を得たのは、バレンタイン・デーのお陰と思う。ヴァンアレン帯も一般に認知されるべき言葉であり、語感の似た2月14日のバレンタイン・デーと併せて設定したい。この日は、チョコの変わりに熱いハートを送りましょう」とプランを披露。

また「甘いだけの2月14日はもう古い。ヴァンアレン帯のように危険で熱いハートを送ることを目的とする」とまで発言したが、若い女性記者からの「ハートを送るとは、どのようなことか? ウケを狙ったのか?」という質問にうろたえる場面も見られた。

同研究会は、草案を今月10日に文化庁へ提出。審議結果は明日発表され、カレンダーに掲載するかどうかが決定されるが、もし可決された場合の混乱は容易に想像できる。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-14 20:03 | 社会:十階堂将也

「僕が抜けた世界で踊っているんです」 数学者のはなし

「数学なんて、僕の人生の体積を計算できる代物じゃないですよ」。

東京都に住む、守山豪。世界的に有名な数学者だ。彼にインタビューしたとき、彼は最初にこう言った。

彼はアメリカで生まれ、両親は日本人。幼いころから勉学で才能を発揮した(しすぎた、という考えが自然だ)彼は、4歳でラテン語など3ヶ国語をマスターし、7歳で相対性理論に興味を持った。8歳で高校数学を解き、9歳でシカゴ大学に入学。11歳で博士号を取得した。卒業論文は「微分の測量と直線に於ける新観点からのアプローチ」。14歳でドイツの航空機会社に顧問として雇われ、18歳で憧れだった数学者に転身。現在までに数百を超える定理を発見したという。23歳でウクライナの大学の客員教授としての活動をし、現在25歳の彼は昨年末に帰国し、都内で「無職」の生活を送っている。

凡人の私には理解できない世界、いや、同じ脳が備わっていても理解できないものである。

彼が、月収8000ドルの仕事、一生保障された生活を蹴って日本へ来たのはなぜだろうか。これが、私の大きな関心だった。

「問題を解いているとね、やっぱり楽しいんです。あなたもわかるでしょ? 自分が解ける問題"なら"楽しいんですよ」

確かにそうだ。「1+1=2」(大して楽しくは無いが)をいくら解いても、苦痛は無い。感じるのは少しの飽きだけだ。でも、微分積分なんて言われたらテンションは一気に下がる。

「でも、数学ってね、わからないことを追求する学問です。どれも学問って言うのはそういうものなんですが、数学は自分の考えがそのまま決まりごとになる。つまり、定理を発見すれば、自分のルールが世界のルールになるんです。一種の支配欲かな。それは、快感でした」

たまらなくそれが快感だったのだという。アルコールやタバコ、麻薬に匹敵するほどの…。
「僕の人生の体積なんて一生かかっても出せません。でも、数学にはそれを上回る知的興奮があったんですよね」

そんな生活を、数学者としての生活を2年も送ったときだった。彼は余りにも早くあることに気が付いた。

「世界の全ての発見」に。

「それはもう、恐ろしくて。あれは世界の真理だと、今も僕はそう思ってます。世界の全て、少なくとも数学の全てを発見したあの恐ろしさといったらないです。今まで、自分が楽しくてやってきた仕事が、たった"5行の計算式で"表されたんですよ」

そう。彼は「世界の定理」に気が付いたというのだ。この世界を、地球を、宇宙を作る「真定理」を―。それも、たった5桁の計算式で。

彼が一番最初に覚えた定理は、幼いときに父親が教えてくれたという「1+1=2」だと言った。
「これに匹敵するんです。あの定理は。僕はそのことがたまらなく恐ろしくなって、1週間寝込みました。『自分がこんな定理を知っていいのだろうか』って」

1週間後、彼は起き上がった。そして、まとまり掛けていた月収8000ドルの求人を蹴り、日本へ来た。「定理の発見」は数名にだけ伝えられたが、現在世界は彼の「定理」が何かということに注目が集まっている。

「もう数学への情熱が消え去ったんです。それで、すること無いから両親の故郷である日本に住んでのんびりしようかなと。でも、あの定理は一生の秘密です。僕は死ぬまで言いません。だって、ここであなたのすべてが5桁で表されるのって、恐怖でしょ?」

彼は、まっすぐにこちらを向いて言った。深すぎる瞳の黒は強いエネルギーに満ちている。私にはまだ聞きたいことがあったが、彼はこう言ってインタビューを終えさせた。

「数字で表現できないものはある。人の人生とかがそうです。でも、人の人生が存在する世界が実は数字で出来ていたら、それはもうこんがらがるでしょ? 世界は、今も5桁の式の元で踊らされているんです。それを発見した僕だけが抜けた世界で」

彼が、この上なく恐ろしい「人以外のもの」に見えてしまったのは私だけではないことを願う。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-13 01:57 | コラム

「東ヴェネツィア市」白紙へ

今年7月に合併を控える、岐阜県の能里町と東千市が合併後の新市名として発表した「東ヴェネツィア市」に両町市民・全国から抗議が殺到、この案は白紙となった。

問題の新市名「東ヴェネツィア市」は、「東洋のヴェネツィアを目指そう」の信念の元に有馬健悟朗東千市長が提案。今年1月には両市町議会を通過し、2月10日に発表された。

しかし、その直後から「舌が回らない」「海が無いのに何事だ」「南セントレア市より酷い」などという抗議が相次ぎ、全国放送のテレビ局が取材したことで騒ぎは全国へと発展。その後、インターネットを通じてイタリア・ヴェネツィア市へと情報は流れ、ヴェネツィア市側から「我々は好意的な見解を持たない」との通告を受けることとなった。

「想像以上のクレームだった」(能里町役場)というとおり、全国規模で送られた抗議件数は500件余り。結局、新市名発表からわずか2日で白紙となってしまった。

地名研究家の高田真一氏は「日本の地名に、ベベチア(?)などというわけのわからん言葉は似合わん。住民は至極当然の行動を取ったまでですよ」と熱く語る。

今回の騒動を受けて、新市名は最終選考まで残った4つ(「東北京市」「東ベルリン市」「東千市」「東ヴェネツィア市」)を元に住民投票が行われる予定。結果は既に見えているといってもいいが、東千市長はあくまで「東ヴェネツィア市」を希望している。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-12 23:21 | 社会:十階堂将也

「秘境」から生還した冒険家が撮影した1枚の写真...

c0006425_151022.jpg
イギリス人冒険家、ネイサン・ファーガソン氏は九死に一生を得たといっていいだろう。高度4000メートルの高山で遭難して10日以上放浪した挙句、少なくとも5日間は意識を失っていたとき、救出されたのだ。その後再び10日間の眠りについてしまったものの、現在では奇跡的な回復を見せている。

不幸なトラブル

1月3日。ペルーの4つの代表的な高山を踏破するため、ファーガソン氏率いる「ペルー高山踏破隊」全27名は出発した。しかし、1月13日にマル・ペルチェス山脈でのトランシーバー通信を最後に、麓と彼らの連絡は途絶えた。
「なぜかはわかりません。ですが、突然トランシーバーから白い煙が噴き出して壊れたことは確かです」とファーガソン氏は言う。
トランシーバーが壊れたことで、彼らはピンチに立たされた。緊急事態に備えての、麓の対応を伝える唯一の手段だったのがトランシーバーだったからだ。
しかし、備えを失ったときにこそ備えは必要になるもの。不幸にも、その夜の大雨で多くのテントは押し流され、生存者は数人になったという。
その後、ファーガソン氏を含む「生存者4名」は下山するべく高山を放浪し始めた。

歩き続けた先にあったもの

食料の無いまま数日歩くうちに、生存者は一人また一人と「消えて」いったという。気付いたときには、ファーガソン氏一人がその場所 –幻の湖- へと歩き出ていた。
「そこは、夢のようでした。地図にも載っていなかったはずです。ですが、空気のように透明な水と真っ白な湖底、翠青の空がどこまでも広がっている湖を私は確かに見ました。太陽が燦燦と降り注ぎ、澄んだ空気が鼻の奥深くまで切り込んでくるような感覚は、忘れられません。それはまるで、幼いときに祖母から聞いて想像した「幻の風景」そのものでした」。
風景を写真に収めたファーガソン氏は、再び歩き出した。そして、遭難から20日以上を経てようやく救出されたのだ。
救出当時、彼が持っていたものは、櫛と手帳、そしてその写真が収められたカメラだけ。
現像されたフィルムに写っていたのは、その風景。撮影された1枚のみだった。

湖が存在する事実

ファーガソン氏らが遭難したマル・ペルチェス山脈地帯は、未だに「秘境」とされる。開拓の波は全く押し寄せておらず、残りの隊員を探すなど不可能に近いという。
撮影されたたった1枚の写真 -そのあまりに幻想的な湖- の正確な撮影場所も、全く不明のまま。ペルー地学協会のフェダ氏はこう語る。
「あの写真を見る限り、全く見当つきません。高山地帯であのような環境が形成されることは通常有り得ないことだからです」と不可解性を強調した。「マル・ペルチェスの山脈には、誰も知らない湖があるという古い言伝えがあります。それがどんな湖なのか、どこにあるのか、それらは全く伝えられていません。ただ「ある」ということだけです。伝説の風景なのかもしれません」。
唯一の生存者で撮影者でもあるファーガソン氏はあの場所について「前後が記憶から消えています。「あの風景を見た。私はあの場所にいたのだ」ということしか覚えていません」。
この写真はペルー・ババラ地理館で一般公開され多くの人々の関心を集めているが、撮影場所のわかる人物は現れていない。

秘境から生還した冒険家が撮影した1枚の写真。そこに写っていたのは、美しい風景だった。ただそれが「ある」ことだけが確かなのだ。重要なのは「どこにあるのか」ではない。「ここにあるのだ」という事実だけなのだろう。
[PR]
by remarkabler | 2005-02-07 01:20 | 翻訳ニュース:木田彩加

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳