最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

<   2004年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

昏睡状態だったモデルが体重増加を聞いて回復

アメリカ・ニューヨークで、昏睡状態に陥った女性モデルがマネジャーの「体重増えてる」の言葉で回復すると言う奇跡が起こった。

担当医のアボット氏は「奇跡的です。それしか言いようがありませんね」と驚きを隠せない様子だった。

ニューヨークでファッションモデルとして活躍するナターシャ・クリスタワさん(24)は、11月30日、仕事現場から帰宅途中に「強風に飛ばされ」(マネジャー談)転倒。当時43キロだった彼女は頭を強く打ち、病院へ運ばれていた。

しかし、意識不明の重態。 担当医らは必死に彼女の意識を戻そうと努力したが、事故から30日近く経った今月27日にも一向に回復の気配は無く、彼女の家族は絶望視していた。

だが、28日にマネジャーが「ナターシャ、体重が増えているよ」と耳元で囁いたところ、彼女はその直後に目を開け「本当 "really" ? ダイエットしなくちゃ」と答えた。そして、1時間後には病院を自ら出て、所属事務所へ回復を伝えに行くほどの奇跡が起こった。

マネジャーのハーラン氏は「彼女は、自分の体重をいつも気にかけていたんだ。だから、体重が入院中にすごく増えたことを伝えたんだよ」と語った。

結果的に「体重を減らしたいために」回復したのだが、アボット氏は「そもそもの原因、彼女が風で飛ばされたのは、体重が軽すぎたからです。入院で55キロまで増えたと言うのにまた減量するとは、それこそ信じられませんね」と呆れ顔だった。

回復した当の本人は「ダイエットはわたしのライフワーク。ベストな体型は努力でしか手に入らないの。回復した奇跡は、神様がもう一度わたしに努力のチャンスを与えてくれたということだと思うわ」と語り、既に筋力トレーニングなど"健康的"ダイエットを開始した。

理由はどうあれ、耳元での言葉で奇跡的回復を遂げた事例は、多くの同じような境遇の人々に希望を与えた。


この記事の元
注意:こちらのほうが、いい話。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-29 19:24 | 翻訳ニュース:木田彩加

72年間小説を新聞連載した作家がギネス登録

南アフリカで、72年間に渡って新聞に小説を連載していた男性がこのほど、英ギネス社により「世界で最も長い間同じ新聞に同じ小説を連載した作家」として公認ギネス記録になった。

今回この「偉業」を達成したのは、南アフリカ・ケープタウン在住のアラン・ミンチー・ジュニア氏(88)。ミンチー氏は、地元新聞紙「ケープタウンズ・トゥデイ紙」において、1932年からSF小説『遥か遠く』を連載し続けた。
c0006425_1829922.jpg1931年、15歳でイギリスの文学賞を受賞しデビューしたミンチー氏は、故郷・南アフリカで新聞連載を開始。社会風刺やアクション、サスペンスを取り入れた作風に加えて、恋愛、歴史、SFにミステリなどオールマイティーにベストセラーを多く発表し、人気作家となった。代表作は『荒野009-237号』(1931年)、『SELDOM』(1942年)、『金庫と蝶番』(1969年)など多数。作品の多くが映画化されており、昨年ハリウッドでリメイクされた映画『キャシー・ジェーンと不愉快な仲間たち』(ナタリー・ポートガイ主演)も、ミンチー氏が原作者として知られる。

今回記録の達成作品となった『遥か遠く』は、連載開始の1932年の70年後が舞台で、1ヶ月1話完結形式のSF小説。毎日400文字程度が掲載され、アメリカの新聞記者デヴィッドが世界情勢の変化とともに毎回大騒動に巻き込まれる展開。世界情勢が不安定だった当時、リアルに未来を描いたこの作品は大人気で迎えられた。一時期、「ケープタウン・トゥディ紙はミンチーの小説人気で売れている」とまで言われたという。既に20巻が書籍化されており、累計2500万部を超えている。2002年には、70年前に書かれた作中の未来の世界情勢が、あまりに現代と酷似していることも大きな話題を呼んだ。

2002年には、小説の初期時代設定を通り越し、「作者も知らない未知の領域」(ミンチー氏談)へ突入。それでも「書くことについては全く問題なかった」と言うとおり、連載はなんと1度も中断されること無く続いている。その間、章は361に達し、担当編集者は28人代わったという。

しかし、今回の記録は途中には「アイディアが浮かばず」苦肉の策としてたった5文字しか掲載されなかった日(1954年12月12日など)もあった。

ミンチー氏は「この小説は、私とともに成長しました。成長の証に記録がついたことは、大変光栄です」と喜びを語った。現在ミンチー氏は第362章目を執筆中。最終回の予定は今のところ無いとのことで、「私より後で完成するでしょう」と、意味深な発言をするに留まった。

『遥か遠く』は全世界の書店で購入可能。

参考記録:「世界で最も売れた本」は聖書。
「世界で最も長い間同じ小説を同じ雑誌に連載した作家」は、日本の植木瑞樹氏の32年。
「世界で最も抗議が殺到した作家」はイギリスのダニエル・ポール氏の30919件(2004年現在)。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-28 02:24 | 国際:英子クリス

【契約】新庄、ホリプロへトレード合意

プロ野球、北海道日本ハムファイターズの北川統轄本部長は、06年で契約が切れるスター選手・新庄剛志外野手(32)について「彼とは、06年以降の契約に関して、決着は時間の問題になった」と発表した。

北川本部長は内容について、「1年契約 現状維持の年俸8000万円 出来高4000万円」とした上で、「シーズン終了後、最終的には芸能事務所・ホリプロへのトレード」という驚きの項目を明かした。プロ野球選手の芸能事務所「トレード移籍」は初。年内にも、既に合意している本人がサインすれば、正式決定する。

「(新庄本人から)発表の許可は得ている」と前置きした上で今回の衝撃的な内容を明らかにした経緯を、「彼は人気が絶大。球団としては、06年以降も残留を目標にしたが、本人の『芸能活動を行いたい』という意志は固く、1年契約になった。彼は『あくまで野球を、パ・リーグを、日本ハムを盛り上げる役割をしたい』ということで、整った環境を選んだ結果、ホリプロさんがトレードで獲得したいと申し出があった。本人も合意した」と語り、本人の意思であることを強調した。

トレードは、日本ハムから新庄1人、ホリプロから4人の「新人選手」を交換する1:4。ホリプロからのトレード要員は明らかにされなかった。

しかし、北川本部長は「球団にはぜひとも必要な力」と球団の考えを示し、「近いうちにわが球団は、選手の芸能活動マネジメント会社を設立する予定。その際には、ぜひ契約「タレント」第一号になっていただきたい」とした。

肝心の新庄側はコメントを出していないが、新春の球団主催パーティーに参加する際に、何らかの正式発表を行うと見られる。

ホリプロは25日、「この件に関しては、未だ流動的な契約事項が多く、正式には発表できない。日本ハム側からの発表が基本的事実だが、担当者が外出していて詳細がわからない」とコメントし、注目の契約金や年俸については明らかにしなかった。

北川本部長によると、最後まで新庄との契約を争ったのはジャニーズ某、吉本某だったと言う。

日本ハムファンだけでなく、野球ファン、野球に興味が無いファンも多いスター選手、新庄の影響力ばかりに力を入れる球団の姿勢を非難する声が上がった。新庄に次ぐ「新スター」の登場も、新しい野球の楽しみ方になるかもしれない。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-26 01:52 | スポーツ:進藤進

「慌てるサンタ」に頭を悩ます

サンタが一番忙しい、プレゼントを配る日・クリスマス・イブ。しかし、一部の「若手サンタ」が時間に間に合わない非常事態が発生し、フィンランドに本部を置く、「世界サンタクロース協会(World Santa Nicholas Association 本部:ヘルシンキ)」の会長責任問題にまで発展した。
c0006425_2311587.jpg
問題になったのは、協会北米支部に所属する36~42歳の「若手サンタ」12名。キャンベラ協会理事(年齢非公開)によると、このサンタたちは、23日午後11時ごろ、「年末パーティー」と称して飲酒会を行った。結果、参加した16名中12名が、寝坊や二日酔いにより24日のクリスマス・イブに間に合わなかったと言う。写真は、25日0時05分に撮影された問題のサンタの一人と見られる人物。

カナネン協会長(年齢非公開)は、「待ち望んだ子供たちにとってあまりにむごい結果」とし、12名のサンタを協会除名処分・厳重な処罰を課すが、さらにサンタ資格剥奪も検討していると言う。また、パーティーに参加したものの、時間には間に合った4名については「サンタ・ソリ道路法第2条により、飲酒運転は禁止されています。その点から言って、何らかの処罰が課せられる可能性があります」とのこと。

問題のサンタの担当地域だった、北米大陸の1200世帯では、プレゼントが無かったことに対して子供たちの不満・不安が積もっている。また、親からのクレームが協会へ殺到しているとのことで、「来年から来なくていいという親」まで出ている状態と言う。プレゼントが届かなかっただけでなく、「間に合った飲酒サンタ」が担当した家では「家の中が荒らされている」「ケーキが無くなった」といった犯罪被害が報告されており、関与が疑われている。

この問題に関連して、カナネン会長以下、幹部10名の総辞職を求める運動が北米支部会長から起こっており、長期化しそうな気配だ。

しかし、責任追及について会長は「北米支部は内部で管理を徹底するべきだった。フィンランド本部へ責任を転嫁するのは、我々にとって今後の活動になんら影響ない」と退けた。

1692年から残っている協会の資料によると、、これまでにこうした「業務の時間に遅れる」事例は毎年数件ずつ起きているが、今回のような大人数・12名に上ったことはめったに無いと言う。最近のものとしては、1982年にサンタ14名が待遇改善を求めて集団ボイコット、1724名の子供に影響した。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-25 00:50 | 国際:英子クリス

「黒いサンタ」に頭を悩ます

クリスマスを前に、フィンランドの「世界サンタクロース協会(World Santa Nicholas Association 本部:ヘルシンキ)」が、ある問題に関して奔走している。

会長の、ルドゥフ・カナネン・サンタクロース氏(年齢非公開)はこう語る。「実は、日本支部からの緊急連絡がありました。なんと、日本のテレビ番組で「黒いサンタ」の存在が暴露されたというのです」。

会長の説明によると、23日、協会の日本支部から緊急連絡が入った。「トリビアの泉というテレビ番組で、現代の子供たちには極秘扱いだった"黒いサンタ"が紹介され、一般家庭に認知されてしまった」というものであり、この対応- 記憶の浄化作業 -に追われているというのだ。

日本で放送された「トリビアの泉」は、視聴者から寄せられた雑学知識を紹介する人気番組で、黒いサンタに関して放送されたのは22日。黒いサンタの活動などを詳細に紹介したと言う。サンタの芸能活動のマネジメントも一括して担当する協会へは、事前に連絡などは入っていないという。

"悪い子供に罰を与える"という黒いサンタは、長年、協会が世界中の子供に対しては漏らさない情報だった。ヨーロッパでは一部で知られていたが「我々の努力の甲斐あって」(協会理事)、アジア諸国では常識化せずに止まっていた。

「黒いサンタは、我々赤いサンタからすれば、なるべくタブーにしておきたかったのです。子供たちに、余計な心配は与えたくありませんからね。イメージダウンにも繋がります」と、影響を心配する。黒いサンタは、1856年に赤いサンタとのクリスマス帯同を停止。別の団体を設立し、事実上「独立」した。それ以来、お互い親交などは無いという。

一方、「暴露」された側の、黒いサンタ協会は、赤いサンタと同じヘルシンキに本部を置いていた。しかし、近年は出番の激減により、3年前から活動は停止。一連の動きに対してコメントは出していない。

「トリビアの泉」を放送したフジテレビは、「別の赤いサンタの団体には許可を取った。特に問題は無いと判断したので、困惑している。担当者が外出しているので、詳しくは説明できない」としている。

日本の子供たち数千万に知られたかもしれないということから、協会は「記憶の浄化作業」に奔走。「クリスマス本番を控えているが、既に疲労困憊」(協会幹部)という。アジア諸国への情報伝播も懸念されている。

25日まで後1日。サンタの高齢化が問題視されている中で、今回の騒動による本番でのスタミナ切れが心配だ。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-24 02:48 | 国際:英子クリス

「孤独な写真2004」の大賞決定

c0006425_2239433.jpg
アメリカの月刊誌「The City life (都会生活)」が、「The day of summer, The other side of glass. (夏の日、ガラスの向こう)」(上記写真:レオナルド・カポニアル撮影)を、2004年度に撮影された写真で「最も孤独さを感じる一枚大賞」に決定した。撮影者のカポニアル氏には、賞金5000ドルと副賞"サハラ砂漠3ヶ月一人旅行チケット"が贈られる。
なお、佳作、優秀作品は5年ぶりに無かった。

同誌編集者のカルキン氏はこの作品について、「ガラスという一見弱い壁があることによって、孤独感が引きだっています。仲睦まじい男女や、印象的な陰陽の融合が、他を圧倒していました」と選出理由を語った。

この賞は、「都会で感じる孤独感だけでなく、生活で感じる孤独を写真にすることで精神的付加を軽減する」目的で、同誌が創刊された1925年から毎年1回行われており、今年は80回記念だった。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-23 22:55 | 今日の一枚

American Japanese

「アナタハァ ドゥコカラ キタノディスカ? ハイ」
「アニタハァ ドゥクカラ キタァディスカァー」
「ノンノンノン…。 "ドゥコカラ"。 O.K?」
「ハーイ」 ……。

私は、先ほどから椅子に座り、アメリカの中学校の教室で行われているこのやり取りを熱心に聞いている…ふりをしていた。とても、こんなものが日本語の授業とは思えないからだ。笑いをこらえるのがつらい。汗が吹き出た。

私は、アメリカの中学校での日本語指導員に選ばれ、はるばるやってきた。アメリカ観光気分の軽い気持ちで引き受けた仕事だったが、今日のこの様子を見る限り、軽い気持ちで楽しめそうに無い。

ここまでだとは、正直思っていなかった。よく「アメリカン・ジャパニーズ」と揶揄される独特の発音であることは聞いていたが…。フランス人やカナダ人の日本語のほうが聞きやすい気がする。

「スラデハ、ニポンカラ、言語シドーキョーシナ人ウォ、オヨビシテイマス。タナーカ サンデス」。
この声で、我に返った。私は、椅子に座ったまま体が硬直していた。こちらを見た、たぶん45歳は超えているであろう、メガネを掛けたいかにも「熟練教師」の女性が話す「言葉」は、何度聞いてもつらかった。

慌てて立ち上がり、「どうも。日本から来ました、田中と申します。今回は、皆さんとお会いできて嬉しいです」。
慎重に言葉を選び、聞き取りやすいようにはっきりと発音していく。アメリカの中学生は皆、真剣にこちらを見ていた。

冷や汗が出るくらいに緊張したが、自己紹介を終えた。すると、「タナーカサンニィ、本場ノハトゥ音ウォキカセテモライマショー」と、熟年教師- ルーシー先生 -が言った。

「ディハァ、次ノ言葉ノハトゥ音ウォ…」そう言って、見せられたのは卵とタバコがかかれたボードだった。私は、少し唇を噛んで、頷いた。

「わかりました。それでは…、いいですか? まずは、eggのほうからです。「たまご」。「たまご」」生徒は、eggにだけ反応したが、その他の日本語は理解できていないようだった。

「次は…「たばこ」。「たばこ」。「た・ば・こ」」口を大きく動かしながら、大きな声ではっきりと発音する。教室には、私の「たばこ」しか聞こえないほど、誰も音を発さなかった。

言い終えると、なぜか拍手が起こった。生徒たちは目を丸くし、隣の友人たちと何か話している。聞こえてくる会話は、「あんなの無理だよ」「舌べらの構造が違うんじゃないか?」といった感じ。

「アリガトウゴザイマス。ディハァ、コンドゥハァ会話ノレンシューデス」。先生はそういいながら、教科書- 表紙には京都のゲイシャの写真で、真っ赤な文字で「日本語」と書かれている -を示した。

「ロバート、43ページノ、レッスン1カラ、マズ和夫ノ、ハナシウォヨンディクダサイ」
「ロバート」だけがとてもキレイに発音されたことに気付き、また笑いはこみ上げてきた。ロバート呼ばれた少年は、立ち上がった。

「僕ハ、日本ブシドーニノットリ、一人ノ人間トシテデハナク、一人ノ武士トゥシテ、生活シティイキテディス」

ぎこちないながらも、しっかりと読み終わったロバート少年は、緊張しているのかこちらを何度も見た。

「いいですね、うまいですよ」
といってやると、嬉しそうな顔をして座った。

「ユゥクデキマスネ。次ハ、カレン、続キデス」
カレンは立ち上がった。「僕ハ、秋刀魚ガ大好キデス。秋ハ、家族デオイシクイタダキマス」
「カレン、O.K。デハ、ココウォミンナデ繰リ返シマショウ。僕ハ秋刀魚ガ大好キデス」
生徒は一斉に言う。
「僕ハ秋刀魚ガ大好キデス」
ここで、完全に噴出してしまった。何だこの「会話」は。アメリカの日本語教科書はこんなものだから、今は「日本語が書けても話せないアメリカ人」ばかりなのだと、実感した。

日本が戦争に勝ってから60年。日本語教育はアメリカに完全に定着したといっていいだろう。しかし…。絶対に、こんな会話は使わないんじゃないか?

中高と9年間も日本語を練習するのに…。まったくアメリカ人は日本語がダメだ。「駅前留学」なんていうのもあるらしいが、そこで講師をするのは日本人ではなく、韓国人や中国人だと聞く。

授業は、「自分の好きな日本の祝日について」という内容に移っていた。とても普通に聞いていられるものではない。笑いが止まらなくなった。

……あぁ、ここで1年間何を教えればいいんだ? 今から頭が痛い。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-23 18:59 | 小説:植山青彦

ポリカ諸島で作家の「リレー小説」を発見

20世紀を代表する作家として知られる、ハーマン・メルヴィルら15名がリレー形式で書き綴った「小説」が発見され、話題になっている。

発見されたのは、太平洋上に浮かぶ、美しい島・ポリカ諸島。現在はポリカ政府が国立公園と認定し、一般の立ち入りが禁止されている「楽園」として知られるが、かつてイギリス領であった時代にここに滞在したメルヴィルら作家が、数頁ずつ書いていったものとされる。イギリス領下の建築物である「ポリカ商用会議館」の書庫に所蔵されていたところを、海洋文学研究家のブラック博士が偶然発見した。縦9インチ、横7インチの上製本になっているとのこと。

全頁172から成るこの作品は、開港 Open a portと題され、きちんと製本された状態であった。著書名には当時活躍した作家らが名を連ね、総勢15名に及ぶ。書かれたのは1947年頃と推定され、資料的価値としても重要とされる。

内容を「楽しんだ」と言うブラック博士は「決して著名な作家ばかりではありません。ですが、活躍した彼らの魅力、有り余るほどの力がよく現れ、奇跡的に1冊の小説として完成しています」と驚きを隠せない様子で、「ただ単に小説として最高傑作です。『開港』は新たな20世紀文学の頁に残りました」と語った。そして「研究資料としても貴重で、歴史的背景や作家同士の交流を知る上でも重要なものです」と付け加えた。

「開港」は、1900年代前半が舞台の海洋小説だと言い、今月30日にもブラック博士がイギリスの大学で調査する。その後、来年2月にはイギリス文学館に展示予定で、書籍化しての一般発売も予定されている。

「リレー小説」に参加したのは、「白鯨」で知られるメルヴィルや、「解散期」のトミー・カーチス、児童文学の大家キャンベラ・ミラー、ナート・ライプチッヒといった欧米の作家で、1960年代までイギリス領だったポリカ諸島に休暇で滞在した時に書かれ、裏書によると「Since 1946 - 1953」となっていることから、およそ8年間に渡って「リレー」が続いたと見られる。最後に書いた作家は、イギリスの歴史小説家ロバート・J ・フォックスだった。

「この島に滞在した作家たちが、なぜこんなにも長期間続けたのか解りません。今後の研究に期待です。価値は計り知れません」と、ブラック博士は語った。
c0006425_10512969.jpg
(写真:メルヴィルら作家が余暇を過ごしたポリカ諸島の様子)
[PR]
by remarkabler | 2004-12-23 10:52 | 国際:英子クリス

日本で2枚目の「モナ・リザ」を発見?

今年9月に、"都内の個人宅から発見された"「モナ・リザ」(写真等非公開)について調査していた東京美術大学の鷹森健悟朗教授(西洋美術史)は22日、「2枚目のモナ・リザとも言える発見」と、驚きの結果を公表した。 
(写真は、ルーブル美術館の「本家」モナ・リザ)

c0006425_311030.jpg同教授によると、この絵画は「年代鑑定により、モナ・リザの制作年とされる1503年から05年の作」になったと言い、また使用されている絵の具、劣化状態、サイズ、画風、全体的特長などからしても「本家」モナ・リザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ作)と多くの点で一致するという。
モナ・リザは世界中に「2枚目」という名の贋作が存在するが、この「日本のモナ・リザ」はダヴィンチ作の可能性が非常に高い。

この事態について、「モナ・リザについては、謎が多い絵画です。資料的には残っていませんが、同じ絵が2枚以上描かれ、そのうちひとつが日本へ渡ったと考えても不自然ではありません」と見解を語り、「モナ・リザ複数制作説」を展開した。

「今回の調査の結果、ルーブル美術館所蔵のモナ・リザと発見されたモナ・リザは、同一年代に同時に制作された可能性が非常に高く、2枚目のモナ・リザと断言できる域に達する大発見」と総括し、今後も調査を継続する方針を明かした。

問題の絵画は、今年9月、東京都内在住の会社員・峰村孝信氏の倉庫から発見されたもので、その「圧倒的存在感に導かれるまま」(孝信氏)に東京美術大学へ鑑定を依頼した。非常に保存状態は良好で、詳しい調査結果が注目されていた。

今回の調査結果は「ルネサンス美術史に於ける21世紀最初で最後の大発見」(ホイター通信)、「日本でモナ・リザは微笑み続けていた」(ニューヨーク・トゥデイ・ニューズ)と世界的に配信され、大きな衝撃を与えている。

ルーブル美術館文芸員ドゥヴィヴィエさんは「2枚目の存在については、わずかな記述が残されていましたが、多くの人々は存在しないと思っていました。しかし今回、日本で発見されたというニュースを受け、新しい常識が誕生しました。新発見への繋がりが期待されます」と驚きと期待を持って語った。
また、西洋絵画鑑定家の柏村富雄氏は「モナ・リザの価値は計り知れない。他の美術品とは一線を画すと言っても過言ではなく、今回のような発見はさらなる付加価値を与えることになった」と分析する。

なぜ日本の峰村孝信氏が所有していたかといえば、「詳しくはわかりません。ですが、祖父が明治時代にヨーロッパ担当の外交官であったことから、海外での仕事を終えて帰国する際に購入したのかもしれません」と、不明なことが多い。

今後、モナ・リザは継続した学術調査が行われるが、その後の扱いについては未定。所持しているのは峰村氏であり、販売権も同氏であることから、世界中から美術ブローカーの購入希望が届いているという。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-22 03:00 | 社会:十階堂将也

オランダ、水上ホテルが人気

c0006425_134469.jpg
オランダ西部、ビュッフェンボウデンの水上ホテル"Hotel Wattas Os Ap Groulde Ha Salaywhen"(ゴード川の上ホテル・サリウェン)。川底に柱を固定し、建設されている。

30年前から営業を始めたが、昨年映画の舞台になったことで世界的に知られるようになった。支配人のホーヘンバンドさんは「嬉しいことに、来年12月まで予約がいっぱいです」と嬉しい悲鳴。

この地域は、豊かな自然と穏やかな気候が特徴。ホテルの建っている地点から30キロほど上流は国立公園。もともとこの河川一帯は、ホテルの経営者であるボウデン卿の土地で、手付かずの自然が満喫できる。

なお、温暖とはいえ1月から2月にかけては川が「極度氷結」を起こし危険なため、営業が中断されるので予約の際は注意を。
[PR]
by remarkabler | 2004-12-21 01:45 | 今日の一枚

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳