最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

カテゴリ:国際:英子クリス( 47 )

クリスマスプレゼント、今年はAmazon配送で サンタ協会が業務委託

フィンランドに本部を置く世界サンタクロース協会はクリスマスイブの24日、今年のプレゼント配送をAmazonに委託することを発表した。「サンタの高齢化が進み体力的に厳しいと判断した」と理由を説明している。
 
協会によると、世界中の子ども達から寄せられたプレゼントのお願いは、該当するプレゼントを協会側がAmazonで検索し購入。25日0時~2時の「時間指定」で各家庭へ配送される。「お急ぎ便」は手数料がかかるという。ニコラウス報道官は「世界一の配達網を持つAmazonと協力できるのは大変素晴らしいこと」とコメントした。

クリスマスプレゼントの配送は、サンタ一人が平均10万家庭を担当する肉体労働。ルートによってはロンドン―マニラーブエノスアイレスーソウルー東京ーシカゴーホノルルの家庭を1時間で回らなければならない場合もあるという。

こうした現状にサンタ本人から「以前よりスピードが出せなくなった」「クリスマスは家族と過ごしたい」との声や、時速数千キロに達するソリをミサイルと誤認されて攻撃を受けることに不安を漏らす声が急増。さらにインターネットでは「クリスマスに老人に深夜残業やらせるとか、とんだブラック企業だ」や、トナカイにソリを引かせる行為を「動物虐待ではないか」などとする批判が殺到していた。

これらの実態を踏まえ、協会では配達のあり方について協議。「3Dプリンターを支給して各家庭で欲しいものをプリントする案」「プレゼント代わりの現金を指定口座に振り込む案」などを抑えてAmazonへの業務委託が圧倒的な支持を受けたという。Amazonが小型無人ヘリでの配達を計画していることも「ソリに似ているし、心理的抵抗が最も少ないと思われた」(ニコラウス報道官)として影響したとみられる。

無人ヘリの開発が間に合わなかったため、日本の場合は佐川急便(「お急ぎ便」に限る)かクロネコヤマトが配達を担当。協会では「深夜にインターホンが鳴っても驚かないでほしい」と呼びかけている。
c0006425_03425446.jpg
(写真=将来的なクリスマスプレゼント配達の様子)

【関連クリスマス記事】

[PR]
by remarkabler | 2013-12-24 03:44 | 国際:英子クリス

全世界で時間が止まる恐れ 標準時機構でストライキ

イギリス・グリニッジに本部を置く世界標準時機構(LIE)の労働組合は現地時間3日、労働条件の改善を求めてストライキを決行した。この状況が続けば、同機構が管理する「世界標準時計」が5日にも止まる見通し。
 
「世界標準時計」は世界中の時間や時差の基準になる「原器」。運用が開始された1946年から現在まで、2日に1回のペースでゼンマイを巻くことで維持されてきた。
 
同機構のブレゲ報道官は緊急会見を開き、「このままでは、世界標準時計は5日午前6時にもゼンマイが切れる見通しだ」と述べ、それまでに巻き直す必要があるとの見解を示した。

その場合は「世界中で時間の概念が失われる」(ブレゲ報道官)ことになり、産業や経済、社会に及ぼす影響は計り知れない。時間の概念が失われた状態から再び動かすにはビッグバン125回分に匹敵する爆発的エネルギーが必要になるとされるが、技術的に確立されていない。
 
およそ200人が加盟している世界標準時機構労組では、時給の賃上げやタイムカードの導入、ビッグベンのデジタル化などを要求。スト回避に向け先月から代表者同士が交渉を重ねてきたが、「時すでに遅し。時計だけに」(労組関係者)だったという。
 
すでに一部地域では時報に乱れが出たり、デートに5分遅れる、1時間待ってもカップ麺が出来上がらない、定時後も無給で仕事を続けさせられるといった影響が報告されている。緊急事態に備え、国連では常任理事国を招集。事態の推移を見守るとしている。

[PR]
by remarkabler | 2013-12-03 02:01 | 国際:英子クリス

てるてる坊主は非人道的 国連で非難決議

国際連盟人権委員会は31日、晴天を願う日本の風習「てるてる坊主」に対する非難決議を採択した。加盟30ケ国中、賛成が28、反対1、棄権1だった。

非難決議の中でトーマス・タウンゼント議長は、「首くくり人形を屋根にぶら下げるなど、生け贄を連想させ残酷だ。子どもたちの健全な成長を阻害する」と指摘。その上で、「日本には前時代的なこの悪習を即刻中止し、真の文明国となることを期待する」と事態の改善を促した。

てるてる坊主を巡っては、幕末の写真が「生け贄にされるサムライ。コカの葉を大量に接種させられハイになっている。この後で首にロープが(以下略)」とのキャプション付きでイギリスの教科書に掲載され、日本大使館が抗議する事態も発生している。

人権意識の高い欧米を中心に「反てるてる坊主」の連携は広がっており、このままでは東京五輪への悪影響を懸念する声もあがり始めるなど事態は深刻だ。

決議で賛成票を投じたある人権国家代表は、「近年は紙で出来た人形を使うことでカモフラージュしているようだが、そういう問題ではない。晴れて欲しいのなら、我が党の開発した特殊な薬を上空から5、6トンも散布すれば済むことだ」と日本の「てるてる坊主隠し」に不快感を露わにした。

元々は中国から日本へ伝わった風習だが、「中国の風習をいちいち取り上げていたらきりがない」(タウンゼント議長)として問題視しない方針だという。
c0006425_3202999.jpg
(写真=教科書に掲載された写真)
[PR]
by remarkabler | 2013-11-01 03:33 | 国際:英子クリス

正露丸を服用した職員を処分 ロシア

ロシアの東アジア外交研究所(モスクワ)は18日、同施設で働く30代の男性職員を「重大な規律違反」のため懲戒解雇したことを明らかにした。

この日の定例会見でボルシチコフ報道官が発表した。それによると解雇された職員は対日外交を研究。先月も来日し、「浅草やスカイツリー、東京ディズニーランドを視察した」(情報筋)とされる。

今月に入り、ネット監視員がこの職員の自宅PCを特に深い理由もなくスキャンしたところ、「日本で飲んだ苦みったらしい黒い粒」との記述を見つけたことから調査を開始。本人に事情を聞いたところ、「腹痛に耐えかね正露丸を2錠飲んだ」ことを認めたという。

日露戦争当時、感染症予防薬・腹痛薬として戦場で重宝された正露丸。名称に「ロシア(露)を征する」という戦意高揚の意味があり、現在も漢字を変えて数社から発売されている。明文化されていないもののロシアでは輸入禁止、服用した者は「再教育処分」されることは暗黙の了解だ。

事情聴取に対し職員は「ハッピーターンを食べ過ぎて腹を下した。あまりの危機的状況に、薬局で勧められるがままに従ってしまった」と話しているという。職員の処分についてロシア側がここまで情報公開するのは異例だが、「組織を引き締める意味合いもある」(情報筋)と見られる。

この職員は解雇されたものの、ロシア資源研究所(シベリア)が即日雇用。今後はシベリアで「楽園の開発事業」に就くという。研究所では同じことが起こらぬよう、全職員の日常を記録したデータの保存期間を従来の1ヶ月から1年に延長して分析を強化する方針だ。
c0006425_3304372.jpg
(写真=征露丸)
[PR]
by remarkabler | 2013-10-24 03:30 | 国際:英子クリス

村上春樹さんにノーベル経済学賞 販売実績を評価

スウェーデン文化アカデミーは11日、今年のノーベル経済学賞を作家の村上春樹さんに授与すると発表した。作家が同賞を受賞するのは初めて。

受賞理由についてアカデミーは、「前作が発売前から予約1万部、1週間で100万部を売り上げるなど、彼の経済効果は計り知れない。業績の落ち込む出版業界で希望の光となった」と評した。

村上さんは武蔵野美術大学在学中の1976年、『限りなく透明に近いブルー』で群像新人賞、芥川賞を受賞した村上龍さんとは別人で、神宮球場でデーゲームを観戦中に「小説を書こう」と思い立って執筆した『風の歌を聴け』でデビュー。

2009年から刊行された『1Q84』シリーズは累計400万部、今年の『色彩を持たない多崎つくるが、こんなに可愛いわけがない。』は150万部を超えるベストセラーとなった。ノーベル文学賞には10年連続で候補となったことでも知られる。

アカデミーでは、全世界で5兆円とも予想される村上さん作品の経済効果を重視。不況にあえぐ出版業界にとって「宝島」と評価したほか、発売まで一切の情報を漏らさないマーケティングを「気鋭の経済活動」と称賛した。

受賞を聞いたハルキスト(熱狂的な村上ファン)の男性(36)に「ついに受賞したよ、ノーベル賞。経済学賞だけどね。理解できそう?」と尋ねると、「売上と内容を伴う完璧な小説などといったものは存在しないと思ってた。でも、そんな考えは違うってことにうすうす気づき始めたのかもしれない、僕は。やれやれ」と喜びを語った。

村上龍さんのコメント
「いや、だから私じゃなくて…」
c0006425_23253498.jpg
(写真=村上さん)
[PR]
by remarkabler | 2013-10-11 11:22 | 国際:英子クリス

ピラミッドを丸ごと消したマジシャンを逮捕 エジプト

カイロ警察は20日、ピラミッドを消したとして自称マジシャンの男(57)を逮捕したことを明らかにした。混乱が続くエジプトでは博物館の貴重な収蔵品が丸ごと略奪される事態が起こっており、警察では警戒を強めていた。

スフィンクス通信と複数の地元メディアによると今月15日、「男が呪文を唱えたらピラミッドが跡形もなく消えてしまった」と通報があった。警察が駆けつけたところスパンコールでギラギラと光るタキシード姿の男を発見、見るからに怪しかったためその場で逮捕した。

発表によると、カイロ市内のピラミッド3基をイリュージョンで消し去った疑い。警察は5000人体制で男のシルクハットやタキシードの袖などを調べたが、手品用のハト数羽と万国旗が入っていただけで、消えたピラミッドは見つかっていない。

調べに対し男は消したことを認めているが、「イリュージョンだから略奪や窃盗ではない」「どこに消えたかなどタネに関わる部分は教えられない」などと意味不明なことを供述。消失当時、現場には生中継のTVクルーをはじめ観客1000人がいたが、誰一人として消し方は分からなかったという。

警察によると、男はこれまでに自由の女神や万里の長城などの巨大建造物を消していたことが判明。いずれも数日で元の場所に戻っていることから、今回も数日で「出現」すると見られる。

犯罪と吉高由里子に詳しい帝都大学理工学部の湯川学准教授(物理学科)の話
「実に面白い」
c0006425_2295378.png
(写真=ピラミッドのあった場所)
[PR]
by remarkabler | 2013-08-23 02:30 | 国際:英子クリス

フェイスブック「友達1億人」の男性、選挙で落選 アメリカ

世界最大の交流サイト・フェイスブックで「友達1億人」を達成したアメリカ人男性が、地元市議選に出馬し落選していたことがわかった。ニューヨーク・デイリー・フールが21日伝えた。

この男性はアメリカ・ニューヨーク州アグロー市に住むマイケル・アーグルトンさん(31)。今月行われたアグロー市議会議員選挙に出馬したが、得票数は全体の0.02%(29票)に止まり、「惨敗といえる状況」(アーグルトンさんのフェイスブックより引用)で落選した。

アーグルトンさんは08年からのフェイスブックユーザーで、見知らぬ人でも手当たり次第に友達申請するアグレッシブな取り組みの結果、その数1億7万1035人(6月1日時点)。世界の70人に1人と友達の計算で、「世界最多の友達を持つ男性」としてギネス記録にも認定されている。

「立候補を表明したとき、世界中から『6500万いいね!』が付き、これなら勝てると思った」と話すアーグルトンさん。選挙活動でもフェイスブックをフル活用し、演説の様子を連日投稿。「平均で『5000万いいね!』があり、手応えを感じていた」だけにショックは大きい。落選を報告した投稿は『9000万いいね!』だったという。

ネット選挙の専門家は敗因として、アーグルトンさんが友達の99.996%と一度も会ったことがなく、98%がアメリカ国外在住であることを指摘している。
[PR]
by remarkabler | 2013-06-21 18:27 | 国際:英子クリス

主要8カ国ゴキブリ会議(G8)が閉幕、掃討作戦開始で合意

イギリスの北アイルランドで行われた主要8カ国ゴキブリ会議(G8)は20日、本格的なゴキブリ掃討作戦を開始することで合意した。

G8は、ゴキブリ(以下、G)のライフ・バランスを議論する団体としては世界最大級。8回目を迎える今回はイギリスを議長国に、日本、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、カナダ、ロシアが参加し、Gの生息数の変動と今後の対応を協議していた。

最大の議題は、G掃討作戦における化学兵器の使用について。大型化が進むGへの対応に苦慮する日本とアメリカが「最新の冷却式スプレー」の使用解禁を求めたのに対し、ロシアは「非G道的だ」と非難。あくまで手で圧殺すべきとするロシアに対し、アメリカは「ロシアはほとんどGが生息していないのだから、事態の緊急性がわかっていない」と反論し議論は平行線をたどった。

結局、一部地域に限定して冷却式スプレーの使用は解禁され、「本格的なG掃討作戦を来月から開始する」ことで8カ国は合意。日本の関係筋は「今回は、日本の進めるゴキノミクスについて議論を深められなかった。次回の課題だ」と述べて帰国の途についた。
[PR]
by remarkabler | 2013-06-20 18:21 | 国際:英子クリス

「青空を再び!」黄砂対策に青い粉の大量放出はじまる 中国

大気汚染が深刻化している中国で、北京市が画期的な対策を開始した。市内の工場の煙突から青い粉を一斉に放出することで空を青くするというもの。北京福来日報が報じている。
 
北京は黄砂やPM2.5の影響で、空がぼんやりと霞む状況が続いている。在中国アメリカ大使館によれば、22日現在、北京市内は36日間連続で青空が観測されていない。
 
こうした状況の改善に乗り出したのは、北京公衆衛生局環境工作課。市内を流れる川の一面を覆うアオコ(水質汚染が原因で発生する藻の一種)を乾燥・粉末化することで、純度の高い青色の粉を精製することに成功した。アオコは厳密には緑色だが、「青色1号を使用した。これ以上は機密事項だ」(同局職員)としている。
この青い粉は「青砂」と名付けられ、25トンあまりを市内に6000ある工場の煙突から放出する計画だ。

22日午前に行われた1回目の放出では、放出開始からおよそ10分で空は真っ青に変化。36日ぶりとなる青空に市民からは歓声が上がった。
2回目は同日午後に行われたが、食品を加工する日系企業が誤ってさくらでんぶ(およそ5トン)を放出してしまい、空は青からピンク色に。これを見た北京観光戦略局の職員は「カラフルな空もいい。北京の新しい名物として売り出したい」と語った。

この日放出された青砂とさくらでんぶは、23日にも日本へ飛来する見通し。
[PR]
by remarkabler | 2013-03-22 02:43 | 国際:英子クリス

米大統領選、多数の「大島」「篠田」票はすべて無効に

米公正選挙管理委員会は現地時間6日、投開票当日を迎えた大統領選挙について、「オバマ、ロムニー両氏以外への投票は一切無効」とする見解を示した。今回で57回目となる同選挙において、ここまで基本的なルールが示されるのは異例。

記者会見したフィッツジェラルド報道官は、「特定の地域から、立候補者以外の人物に向けた組織票が寄せられている。このままでは票数集計サーバーに負荷がかかり、選挙任務に影響を与えかねない」と声明発表の理由を説明した。

同委員会のWEB上で発表された情報によると、「アジアのある国」から「Ohshima」「Shinoda」などの人物を推薦する電子メールが10000通以上寄せられているという。委員会はこれらの票をすべて無効とし、「Ohshima」「Shinoda」を含むメールの受信を停止したが、それ以外の人名が記されたメールも多数見られるとしている。

事態を重く見た委員会では、「大統領選にはオバマ、ロムニー両氏以外に出馬していないし、そもそもアメリカ人以外は投票できない」(フィッツジェラルド報道官)ことを周知徹底していく考え。

「Ohshima」で投票したという日本在住の男性は本紙の取材に対し、「史上最強のセンターポジションは大統領。推しメンにはそこを狙ってほしい」などと意味不明の供述を繰り返していた。
[PR]
by remarkabler | 2012-11-07 03:55 | 国際:英子クリス

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳