最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

カテゴリ:経済:大村兼( 30 )

お年玉の最低金額を5千円に 子供銀行が提言

子供銀行の鈴木たかし頭取は7日、お年玉(年始特別配当)に最低金額を設定するよう政府・日本銀行に提言していく考えを示した。また、お年玉の貯蓄も禁止すべきとしている。

政府はこれまで、お年玉は消費を活性化させるとして贈与税を課さないなど優遇措置をとり、金額も各家庭に一任してきた。しかし子供銀行では、最低金額を定め全額を消費に充てた場合の経済効果は1兆億万円を超えると試算する。

この日が仕事始めとなった鈴木頭取は、「アベノミクス効果で今年は企業の賃金ベースアップが濃厚だ。最低賃金も上昇するだろうから、それに応じてお年玉も上がるのは自然な流れ」と述べ、「一人から5千円貰えれば、我々の欲しいものは大体買えるだろう」と具体的な金額を挙げた。

この発言に対し日銀は、「もらえるだけありがたいという視点が欠如しており、働かずしてお金は得られないことを理解していない」と厳しく非難。対抗策として「お年玉の上限金額の設定」を来年正月までに目指す最重要課題とすることを決めた。

親からの贈与に詳しい元首相は匿名を条件に取材に応じ、「最低金額を1千万円にすれば、金星に自宅を建てることも可能だ。今日はいい天気です」と延べ、次元の違いを見せつけた。
[PR]
by remarkabler | 2014-01-07 20:47 | 経済:大村兼

ボー茄子の収穫が最盛期 今年も不作

栃木県鬼怒川市で、高級食材として知られるボー茄子の収穫が最盛期を迎えた。年に2回しか味わえない珍味として人気があり、全国に出荷される。

夏と冬の二毛作で知られるボー茄子だが、近年は不作が続く。数年間続いた厳しい冷え込みが回復するとの予測が外れた今年も、小ぶりなボー茄子が目立った。

市内の農家・小野義男さん(57)の畑も半数近くが枯れてしまったが、何とか収穫にこぎつけた。「収穫できるだけありがたい。大体5万円から10万円くらいで売れる」と話し、採れたてのボー茄子を見せてくれた。どんな料理にも合うが、マーボー茄子が一番だという。 

鬼怒川農協によると、市内にある36軒のボー茄子農家のうち、寒さの影響などで収穫できなかった世帯が11軒。そのうち4軒は廃業した。それでも、最新設備を導入した市営の大規模農場で生産が好調だったこともあり、全体の出荷量は増加傾向だという。

農協の安倍理事長は、「廃業した農家が出たことは残念だが、大事なのは業界の勢いを失わないこと」と話し、市営農場にさらなる支援を続ける意向。こうした農場で採れたボー茄子はずっしりと重く中身が詰まっているのが特徴で、平均78万円で取り引きされる。これらは専用の袋に詰められ全国の官公庁へ出荷されていった。
c0006425_02440436.jpg
(写真=茄子)


[PR]
by remarkabler | 2013-12-17 02:45 | 経済:大村兼

細胞まではっきり 超高精細テレビ「64K」を開発

放送技術研究センターは5日、新開発した次々々々々世代超高精細テレビ「64K」を公開した。これまでの限界だった8Kテレビを大きく上回る新技術で、2014年の一般発売を目指す。

公開された「64K」は、61440ピクセル×34360ピクセルの超高精細。カメラとモニターがセットになっており、圧倒的な視覚体験を可能にする。同センターが独自開発した有機ELと、電子顕微鏡を応用した特殊レンズを組み合わせた。

当初は「研究が進めば被写体の服も透けて見えるのではないか」(研究員)という淡い期待をモチベーションに開発に取り組んだが、予想をはるかに上回る現行ハイビジョンの48倍となる超高精細を達成したことで、細胞まではっきりと映し出すことが出来るようになったという。

この日の発表会には「64Kアンバサダー」に就任したAKB48の大島優子さんも出席。「アイドル、女優にとって美しさは一番大切なもの。このテレビに映っても恥ずかしくない自分でいたい」と話した。

会見の様子を64Kテレビにリアルタイム中継するデモンストレーションも行われ、モニターに映し出される大島さんの細胞に、駆け付けたAKBファンからこの会見で最も大きな歓声が上がった。

同センターでは今後も研究を続け、来年にも一般に向けて発売したいとしている。販売価格は低く抑え、1台15億5000万円程度になる見通し。
c0006425_2274731.jpg
(写真=会見に登場した大島さん)
[PR]
by remarkabler | 2013-11-05 02:39 | 経済:大村兼

注文から提供まで60日かかる新メニュー発売 マクドナルト

ハンバーガー大手マクドナルトは30日、注文を受けてから提供まで60日間かかる高級メニュー「60Daysバーガー」の発売を発表した。価格はひとつ7000円程度になる見込み。

このメニューは「手間ひまかけた最高級の味を体験してほしい」との考えから、食材のうま味を追求したもの。注文を受けた瞬間に契約農家がレタスの種を植えるほか、牧場ではパティとなる牛が出荷準備に入る。すべての食材をおよそ2ヶ月間かけて作り上げる、贅沢な逸品だ。

「60Daysバーガー」以外に「60Daysタツタ」や「60Daysてりやき」もあり、バリエーションも豊富。今後は「365Daysバーガー」の販売も視野に入れていく。マクドナルトでは全国各地の店舗と契約農家、食材生産者との連携を深めるため、3億円を掛けて特別電話回線を敷くなど、このメニューに懸ける思いは強い。

60日間をかけて作り上げたバーガーは、注文した客の自宅に配達される仕組み。昨年10月、神奈川県で試験販売された際に注文したという男性(27)は、「友達と映画を見に行くついでに何気なく注文したが、その場では受け取れず自分だけひもじかった。年末の忘れた頃に届いて、正直戸惑いましたね」と話す。

マクドナルトは、「通常のメニューも60日程度ならカビも生えず、腐らないので余裕で日持ちする。7000円も出せないような客はそれを試してほしい」としている。
[PR]
by remarkabler | 2013-09-30 20:29 | 経済:大村兼

政府・日銀「108円硬貨」「8円硬貨」発行へ 消費増税対策で

政府・日銀は16日、2014年4月が確実視される消費税率引き上げに備え、「108円硬貨」「8円硬貨」の発行を決めた。金融政策決定会議で話し合われたもので、年内にも鋳造を開始。来年の流通を目指す。
 
記事の続きはこちら(虚報タイムスは移転しました)

 
c0006425_185134.jpg
(写真=来年発行予定の新硬貨、試作品)
[PR]
by remarkabler | 2013-09-16 05:10 | 経済:大村兼

ドコモ、iPhoneを発売へ 各社が報じる

NNTドコモが、今秋にも米アップル社の「iPhone」を発売することが6日、わかった。両社の協議は大詰めを迎えており、顧客流出を防ぎたいドコモと、更なるシェア拡大を目指すアップルの思惑が一致した。

日経新聞が報じたとNHK、ロイター、時事通信など主要各社が報じた。ドコモはこれまで、韓国・サムスン電子と提携してギャラクシーを中心とした販売戦略を押し進めたが、iPhoneを販売するソフトバンクとauに顧客が流出。

「これに歯止めをかけるためドコモがiPhoneを発売する」という噂も日経新聞によって10回以上流されたが、そのたびに同社が否定する光景が繰り返されてきた。そのときの様子をある社員は「日経は愉快犯だから始末が悪い」と語ったこともある。

今春には通話機能を廃しスタンプ機能に特化した「LINE専用端末」を発売したり、意固地になってこだわり続けるiモード対応機種「i(mode)Phone」を計画したが奮わず、結果的にドコモの転出超過は54ヶ月連続となっていた。

半年ぶり12回目となる日経新聞が今回の第一報を流すと、NHK、ロイター、時事通信など主要各社が相次いで報道。SNSを通じて情報は拡散している。ドコモ側は「当社が発表したものではない」としているが、もはや「発売しません」とは言うに言えない状況だ。

こうした報道に対しソフトバンクの子系正義社長は、「バリバリバンバーン…」と歌うに留まった。
[PR]
by remarkabler | 2013-09-06 12:57 | 経済:大村兼

アプリで使える「電子ティッシュ」を発売 大玉製紙

大玉製紙(東京都)は25日、都内で会見を開き、ティッシュを電子化した「電子ティッシュ」の発売を明らかにした。価格は5000円、発売時期は年末を予定している。

「電子ティッシュ」は、使いたいときにアプリを起動することで、画面上に上質なティッシュの画像を表示させることができる。タッチパネルに触れれば、それにあわせて破ったり、そよがせることも可能だ。商品の購入には、スマートフォンやiPadに専用アプリのダウンロードが必要となる。

水野社長は、「ティッシュの原材料である木材の価格が急騰し、今の生産体制では値上げで対応するしかない現実もある。それではお客様にご迷惑をおかけすると考え、『脱・木材』を合い言葉に流行りの電子化に踏み切った」とこれまでの経緯を説明。また、「電子ティッシュは木材を使わないので非常にエコ。地球環境保護という意味でも、画期的な発明だ」と話す。

会見では電子ティッシュを実際に使用するイベントも行われ、アプリを起動したスマートフォンで鼻をかむ光景があちこちで見られた。タッチパネルに触れた回数によって画面上のティッシュは汚れていくが、リセットボタンを押すと新品に戻るなどの設定も細かい。ただし「使い放題というわけではなく、リセットボタンを50回押すとアプリの有償更新が必要になる仕組み」(水野社長)だという。
 
同社では既に「電子油取り紙」「電子トイレットペーパー」「電子トランプ」「電子リサイクルペーパー」の開発を進めており、来年をめどに実用化したいとしている。
[PR]
by remarkabler | 2013-07-25 20:33 | 経済:大村兼

「右も左もわからない」新社会人が9割 学力低下が深刻

新社会人の9割が「右」と「左」の基本的な区別もできないまま入社していることが14日、厚労省の調査で明らかになった。新社会人の学力低下と、採用する企業側の姿勢が問題になりそうだ。

厚労省の「新社会人に関する意識調査」によるもので、今年社会人になった全国の男女1万人を対象に実施。入社当初から現在までの自分に対する評価や、仕事への取り組み方などを調べた。その結果、「(入社当初は)右も左もわからなかった」と答えた人が91.2%と全体のトップとなった。

担当者は「間違いなくゆとり教育の影響だろう。右と左すらわからないことを良しとする過保護な親と社会にも問題がある」と指摘している。

その一方で、「会社とはWinーWinな関係を築きたい」「ノマドしたい」「学生団体で培った経験を活かしたい」など意識が高いところまで伸びきった回答をした新社会人も数%おり、「意識の二極化」が浮き彫りになった格好だ。

雇用問題に詳しい参院選出馬予定の居酒屋代表の話
「365日24時間働くことに、右か左か正しいか正しくないかをわかる必要はない。とにかく体を動かすことが健全な労働なんです」
[PR]
by remarkabler | 2013-06-14 19:40 | 経済:大村兼

NNTドコモ、LINE専用端末を発売 通話機能を廃止

NNTドコモは21日、スマートフォン向け無料通話・チャットアプリ「LINE」でのコミュニケーションに特化した専用端末の発売を発表した。同社は今月、LINEを提供するLINE株式会社と業務提携を結び、共同で開発を進めていた。夏の発売開始を目指しており、価格は未定。

専用端末は、LINEの特徴であるスタンプ(感情や行動を表現した画像でやりとりする機能)とゲームに特化。画面を見やすいようにディスプレイの発色を強化するほか、メモリ容量を増強し、データ通信速度を高める。通信でトラフィックに負荷をかけるとして、通話機能は廃止する。

記者会見した稲田社長は、「スタンプやツイッターなどSNSによるやりとりが中心となった現代人にとって、通話機能は無用の長物。新しいコミュニケーションの形を追求した結果だ」と胸を張る。「これまでの収益は他社よりも高い通話料で成り立っていたのでは」との記者の問いに対しては、「パケット定額のプランを改定して対応したい」とした。

コミュニケーションに詳しく「便所飯入門」や「ぼっち研究」などの著書がある仲野独人さん(自宅警備員、批評家)は、「私の通話履歴は、去年の夏に宅配便からかかってきた不在通知が最後。没コミュニケーションの加速する時代に、通話機能の廃止は当然の流れとして歓迎したい」と評した。
[PR]
by remarkabler | 2013-05-22 21:44 | 経済:大村兼

厚労省、ブラック企業への優遇・助成制度を政府に提言

厚労省の雇用調査委員会は9日、雇用対策に関する政府への緊急提言をまとめた。黒字経営で優良な企業を「ブラック企業」と定め、社名公表を求めていく。また、国内企業の「総ブラック企業化推進計画」を政府の主要政策として掲げることも盛り込んだ。

調査委は深刻化する就職難に対し、「黒字経営を実現している企業、いわゆるブラック企業がより成長し、経済と雇用をリードすることが重要」と指摘。その上で「国を挙げてブラック企業を支援する体制作りが求められる。合言葉はブラック・ジャパンだ」としている。

具体策としては、(1)政府主導によるブラック企業就職説明会の実施、(2)ブラック企業への助成金、(3)労働基準法の部分的緩和など法的優遇措置、などが挙がる。こうした支援に対し企業側は、就職難に苦しむ若者やニート数千人を雇用する義務を負う。ただし、その賃金は国が肩代わりするという。

就職活動中の男子大学生(23)は「ブラック企業とは劣悪な労働環境で激務を課す悪魔のような企業だと思っていたが、勘違いだったようで安心した。これからはネットを駆使して、ブラック企業を中心に試験を受けたい」と意気込む。

今回の提言には、ブラック企業側も歓迎の意向を示している。「居酒屋業界一のブラック企業」を自認するW社代表は、「(調査委は何か勘違いしている気がしないでもないが)当社は安心と信頼のブラックっぷり。いかなる手段を使ってでも黒字にするノウハウを全国に広めたい」とし、自らが講師となる「精神鍛錬勉強会」の開催を調査委に求めていくことを明かした。
[PR]
by remarkabler | 2013-04-09 19:50 | 経済:大村兼

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳