最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

シャーロック・ホームズの『直筆』手記発見 実在した人物か

c0006425_15253124.jpg探偵といえばホームズ、ホームズといえば名探偵』
アーサー・コナン・ドイルが生み出した、世界中で認知度抜群という数少ない男性「シャーロック・ホームズ」(画・右)。長い間、ドイルの創作と思われてきたこの人物だが、先月30日、イギリス・サセックスの旧家から「ホームズの『直筆』手記」が発見され話題を呼んでいる。
1887年に、イギリスのある医師― ドイル ―が発表した『緋色の研究』から120年以上。
世界中で何百万もの人々を熱狂させてきた『名探偵』が、実在の人物である可能性が出てきた。

チャールズ・ブラウンさんが、200年以上の歴史を持つ養蜂農家だった実家の倉庫から古ぼけた本を発見したのは、先月10日。『A Study in Apiculture』(養蜂の研究)と題されたそれの表紙には、しっかりと「1948 シャーロック・ホームズ記す」と書かれていた。奇しくもその題名は、初登場作『A Study in Scarlet』(緋色の研究)とそっくりであった。
イギリス有数のホームジアン(シャーロキアン)※で、『ホームズの履歴書』などの著書があるフレデリック・コリンズ氏の元へそれを届けたブラウンさんは、驚きの回答を得る。
「現在、ホームジアンの一部が支持し、再考の余地がある学説」を裏付ける資料となったというのだ。それは「シャーロック・ホームズ実在説」である。

「あるホームジアン(シャーロキアン)がドイルの近辺から入手した資料によれば、シャーロック・ホームズ本人とドイルのやり取りと思われる書簡が数点確認できます。発見当時は誰も相手にしませんでしたが、それらは非常に生活感のある文章で、ドイルの作為的なひとり芝居とは思えません」とコリンズ氏は語る。
さらに続けて「ホームズの実在は、今回の『養蜂の研究』発見で非常に信憑性が高い説となりました。ひょっとすると、今もどこかに『彼』は生きているのですよ」

『養蜂の研究』は、作中でサセックスに引退したとされるホームズによる、養蜂に関する細かな学術記録。全1巻、296Pの大著である。高名な養蜂農家だったブラウン家と親交が厚く、寄贈したと見られる。
手書きの同書の最後には、「Sherlock Holmes」と署名も確認できた。(写真)
本物だとすれば、世紀の大発見、美術的・学術的・文学的史料価値は計り知れない。
c0006425_16252084.jpg
今回の「ホームズ実在説」が正だとすると、「ドイル=ワトソン」とする見方ができる。ともすればベイカー街での出来事も事件も、すべて真実だった可能性すら出てくるのだ。
コリンズ氏を始めとする「イギリスホームズ愛好連盟」は、連日テレビで「ホームズさん、おられるのなら、この放送をご覧になったのならばご登場願います」と呼びかけ、行方不明者並みの捜索を展開している。

ドイルの遺族はコメントを出していないが、ドイル本人の最後の著書『我が人生』において、ホームズ作品に関して「彼と出会えて嬉しかった」と記している。これが当時から「ホームズ実在説」の元になったのだが、現在に至っていよいよ真実味を帯びてきた。

一方で捏造説も絶えず「行き過ぎたパスティーシュ」(ロンドン・マガジン)、「大恥物の大発見」(ストランド・カッタリーズ)とメディアの論調は厳しい。発見者のブラウンさんは現在、沈黙したまま。
ホームズ本人のものと特定できるものが無い以上、比較鑑定は不可能であって、真相の究明には知恵を絞る必要がありそうだ。
そう、ホームズがその昔、そうしたように――。

※ホームジアンあるいはシャーロキアンとは、シャーロック・ホームズ作品の愛好者の総称。世界中に協会や連盟が存在し、作品世界へ対する研究を行う場合もある。
[PR]
by remarkabler | 2005-06-05 15:17 | 翻訳ニュース:木田彩加

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳