最新の嘘NEWS。このブログの記事はすべて虚報ですのでご了承ください。移転しました→ http://news-lie.net

by 編集主幹

記事ランキング

カテゴリ

全体
コラム
小説:植山青彦
経済:大村兼
政治:中島良平
芸能: 水野亜紀
翻訳ニュース:木田彩加
スポーツ:進藤進
社会:十階堂将也
国際:英子クリス
文化:鴨原蘭
科学とコンピュータ:小野将吾
支局長:モリシタ
今日の一枚
書く:香春嘉子
パズル:ハタケイタ
特集
社からお知らせ
社説
ニュース速報
海外支局通信
広告:承ります
April Fool !
未分類

検索

移転しました

日頃ご購読いただいている皆さまへお知らせです。

この度、虚報タイムスは独自ドメインを取得し、以下のURLへ移転いたします。

新URL
http://news-lie.net

つきましては、ブックマークやリンクなどされている場合は変更をお願いします。

今年で虚報タイムスは開設10年目を迎えました。11年目に向け、今後も良質な嘘ニュースを配信していきますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

※これは本当のニュースです。
[PR]
# by remarkabler | 2015-02-10 08:11 | 社からお知らせ

お年玉の最低金額を5千円に 子供銀行が提言

子供銀行の鈴木たかし頭取は7日、お年玉(年始特別配当)に最低金額を設定するよう政府・日本銀行に提言していく考えを示した。また、お年玉の貯蓄も禁止すべきとしている。

政府はこれまで、お年玉は消費を活性化させるとして贈与税を課さないなど優遇措置をとり、金額も各家庭に一任してきた。しかし子供銀行では、最低金額を定め全額を消費に充てた場合の経済効果は1兆億万円を超えると試算する。

この日が仕事始めとなった鈴木頭取は、「アベノミクス効果で今年は企業の賃金ベースアップが濃厚だ。最低賃金も上昇するだろうから、それに応じてお年玉も上がるのは自然な流れ」と述べ、「一人から5千円貰えれば、我々の欲しいものは大体買えるだろう」と具体的な金額を挙げた。

この発言に対し日銀は、「もらえるだけありがたいという視点が欠如しており、働かずしてお金は得られないことを理解していない」と厳しく非難。対抗策として「お年玉の上限金額の設定」を来年正月までに目指す最重要課題とすることを決めた。

親からの贈与に詳しい元首相は匿名を条件に取材に応じ、「最低金額を1千万円にすれば、金星に自宅を建てることも可能だ。今日はいい天気です」と延べ、次元の違いを見せつけた。
[PR]
# by remarkabler | 2014-01-07 20:47 | 経済:大村兼

クリスマスプレゼント、今年はAmazon配送で サンタ協会が業務委託

フィンランドに本部を置く世界サンタクロース協会はクリスマスイブの24日、今年のプレゼント配送をAmazonに委託することを発表した。「サンタの高齢化が進み体力的に厳しいと判断した」と理由を説明している。
 
協会によると、世界中の子ども達から寄せられたプレゼントのお願いは、該当するプレゼントを協会側がAmazonで検索し購入。25日0時~2時の「時間指定」で各家庭へ配送される。「お急ぎ便」は手数料がかかるという。ニコラウス報道官は「世界一の配達網を持つAmazonと協力できるのは大変素晴らしいこと」とコメントした。

クリスマスプレゼントの配送は、サンタ一人が平均10万家庭を担当する肉体労働。ルートによってはロンドン―マニラーブエノスアイレスーソウルー東京ーシカゴーホノルルの家庭を1時間で回らなければならない場合もあるという。

こうした現状にサンタ本人から「以前よりスピードが出せなくなった」「クリスマスは家族と過ごしたい」との声や、時速数千キロに達するソリをミサイルと誤認されて攻撃を受けることに不安を漏らす声が急増。さらにインターネットでは「クリスマスに老人に深夜残業やらせるとか、とんだブラック企業だ」や、トナカイにソリを引かせる行為を「動物虐待ではないか」などとする批判が殺到していた。

これらの実態を踏まえ、協会では配達のあり方について協議。「3Dプリンターを支給して各家庭で欲しいものをプリントする案」「プレゼント代わりの現金を指定口座に振り込む案」などを抑えてAmazonへの業務委託が圧倒的な支持を受けたという。Amazonが小型無人ヘリでの配達を計画していることも「ソリに似ているし、心理的抵抗が最も少ないと思われた」(ニコラウス報道官)として影響したとみられる。

無人ヘリの開発が間に合わなかったため、日本の場合は佐川急便(「お急ぎ便」に限る)かクロネコヤマトが配達を担当。協会では「深夜にインターホンが鳴っても驚かないでほしい」と呼びかけている。
c0006425_03425446.jpg
(写真=将来的なクリスマスプレゼント配達の様子)

【関連クリスマス記事】

[PR]
# by remarkabler | 2013-12-24 03:44 | 国際:英子クリス

多摩川のアザラシを逮捕 生活保護を不正受給

十分な所得がありながら生活保護費を不正受給していたとして、横浜警察署は20日、長年にわたって「タマちゃん」の愛称で親しまれてきたアゴヒゲアザラシを詐欺容疑で逮捕した。04年に交付された横浜市の住民票を悪用したと見られる。

横浜市生活福祉課の関係者への取材でわかった。それによると、タマちゃんこと本名・西玉夫(住所不定無職、54歳)容疑者は05年から今年8月までの8年間、総額3000万円あまりの生活保護費を得ていた疑いがもたれている。

西容疑者は05年、自ら市役所を訪れて生活保護を申請。当時、窓口で対応した職員によると「ブームが去って収入の当てがなくなり、生まれ故郷のアラスカにも身寄りがない。助けてほしい」などと話したという。

しかし実際は「タマちゃんブーム」の関連商品で得た1億円近い資産のほか、現在もFX取り引きによる定期的な収入があった。市と警察では30回にわたり返金を求めたが応じなかったため、「非常に悪質」(警察筋)と判断、逮捕に踏み切った。

市によると、西容疑者は住民登録後の市民税など数百万円分も滞納。これらについても速やかな納税を求めている。調べに対し西容疑者は「頼まれもしないのにマスコットに祭り上げられて連日フル回転したので、市にはこれくらい認めてほしい。当時、多摩川の水を『タマちゃん水』として売り出したのはどこの誰だったか」と開き直る発言を繰り返しているという。

住民票の交付に詳しい熊本大学地域振興学部の小山燻堂教授は、「勢いとノリだけでゆるキャラを作って住民票を出す自治体が、生活保護や税金について深く考えているとは思えない。同様の問題は今後も全国で起こるだろう」と指摘した。
[PR]
# by remarkabler | 2013-12-20 13:12 | 社会:十階堂将也

ボー茄子の収穫が最盛期 今年も不作

栃木県鬼怒川市で、高級食材として知られるボー茄子の収穫が最盛期を迎えた。年に2回しか味わえない珍味として人気があり、全国に出荷される。

夏と冬の二毛作で知られるボー茄子だが、近年は不作が続く。数年間続いた厳しい冷え込みが回復するとの予測が外れた今年も、小ぶりなボー茄子が目立った。

市内の農家・小野義男さん(57)の畑も半数近くが枯れてしまったが、何とか収穫にこぎつけた。「収穫できるだけありがたい。大体5万円から10万円くらいで売れる」と話し、採れたてのボー茄子を見せてくれた。どんな料理にも合うが、マーボー茄子が一番だという。 

鬼怒川農協によると、市内にある36軒のボー茄子農家のうち、寒さの影響などで収穫できなかった世帯が11軒。そのうち4軒は廃業した。それでも、最新設備を導入した市営の大規模農場で生産が好調だったこともあり、全体の出荷量は増加傾向だという。

農協の安倍理事長は、「廃業した農家が出たことは残念だが、大事なのは業界の勢いを失わないこと」と話し、市営農場にさらなる支援を続ける意向。こうした農場で採れたボー茄子はずっしりと重く中身が詰まっているのが特徴で、平均78万円で取り引きされる。これらは専用の袋に詰められ全国の官公庁へ出荷されていった。
c0006425_02440436.jpg
(写真=茄子)


[PR]
# by remarkabler | 2013-12-17 02:45 | 経済:大村兼

「砂嵐」を2年ぶりに地上波放送 今も根強い人気

いま「砂嵐」が熱い。初のエジプト出身力士として話題の大砂嵐関のことではない。「ザーッ」という音でおなじみ、白と黒がテレビ画面で点滅する砂嵐のことだ。2011年のアナログ放送終了後は見ることができなかったが、今年に入って「もう一度見たい」との声が急増。2年ぶりに地上波放送を決定するテレビ局も出てきた。
 
砂嵐はアナログ放送の送受信が無い状態で起こる「ノイズ現象」のこと。ホラーやサスペンス作品でも存在感を発揮し、映画『ドラえもん のび太とブリキのラビリンス』で寝ぼけたのび太が砂嵐状態のテレビ画面に目をやる冒頭場面は「過去100年間で最も美しい砂嵐シーン」として有名だ。また、一説には「ザーッ」という音が母親の胎内にいるときの音に似ており、幼児に見せると泣きやむなどリラクゼーション効果を指摘する研究もある。

数年前までは深夜にテレビをつけると当たり前に目にした光景だったが、ノイズの発生しない地上デジタル放送の開始とともに姿を消した。長らく視聴できない状態が続いていたが、今年初めに人気雑誌の「もう一度見たい懐かし番組アンケート」で「特ホウ王国」や「笑う犬」を抑えて砂嵐が1位に輝いた。これをきっかけに、デジタル放送でも砂嵐を放送するよう求める声が全国に拡大していく。
 
2歳のときに砂嵐を見て虜になったという男性(27)は、「ここ数年は砂嵐マニアにとって厳しい時代だった。砂嵐を録画したDVDを仲間内で密かに貸し借りしていたが、悪いことをしていないのになんとなく闇取引のようで気が引けて辛かった」と話す。
 
こうした状況を受け、フジテレビでは低迷する視聴率へのテコ入れ企画として12月31日のゴールデンタイムに砂嵐を1時間生放送することを決めた。前述のマニアの男性は歓迎しつつも、「砂嵐は仕事でへとへとになって帰ってきたとき、真っ暗な部屋で何も考えず一人でぼーっとみるのが醍醐味。ゴールデンじゃ魅力半減ですね。まあ見ますけど」と苦笑する。
 
また、根強いファンの声が実を結び、いつでも好きな時に砂嵐を視聴できるよう過去の名作砂嵐を35パターン集めた「THE砂嵐ゴールデンベスト」がポニーオニオンから来年初めにも発売される。現代人の心のオアシスとして見直され始めた砂嵐の「旋風」は、まだまだ止みそうにない。
c0006425_03001675.png
(写真=名作として名高い、2005年11月27日深夜3時30分放送のNHK「砂嵐」)

[PR]
# by remarkabler | 2013-12-06 03:10 | 芸能: 水野亜紀

全世界で時間が止まる恐れ 標準時機構でストライキ

イギリス・グリニッジに本部を置く世界標準時機構(LIE)の労働組合は現地時間3日、労働条件の改善を求めてストライキを決行した。この状況が続けば、同機構が管理する「世界標準時計」が5日にも止まる見通し。
 
「世界標準時計」は世界中の時間や時差の基準になる「原器」。運用が開始された1946年から現在まで、2日に1回のペースでゼンマイを巻くことで維持されてきた。
 
同機構のブレゲ報道官は緊急会見を開き、「このままでは、世界標準時計は5日午前6時にもゼンマイが切れる見通しだ」と述べ、それまでに巻き直す必要があるとの見解を示した。

その場合は「世界中で時間の概念が失われる」(ブレゲ報道官)ことになり、産業や経済、社会に及ぼす影響は計り知れない。時間の概念が失われた状態から再び動かすにはビッグバン125回分に匹敵する爆発的エネルギーが必要になるとされるが、技術的に確立されていない。
 
およそ200人が加盟している世界標準時機構労組では、時給の賃上げやタイムカードの導入、ビッグベンのデジタル化などを要求。スト回避に向け先月から代表者同士が交渉を重ねてきたが、「時すでに遅し。時計だけに」(労組関係者)だったという。
 
すでに一部地域では時報に乱れが出たり、デートに5分遅れる、1時間待ってもカップ麺が出来上がらない、定時後も無給で仕事を続けさせられるといった影響が報告されている。緊急事態に備え、国連では常任理事国を招集。事態の推移を見守るとしている。

[PR]
# by remarkabler | 2013-12-03 02:01 | 国際:英子クリス

「今年の就活生は近年で最高の出来」 就職活動が解禁、各地でイベント

大学生の就職活動が解禁となる12月1日、全国各地でイベントが行われた。ある企業の人事担当者は「今年の就活生は出来がいい。過去最高と呼ばれた昨年も上回り、ここ数年で一番」と期待を寄せる。
 
今年は劣悪な環境での労働を強いるブラック企業問題がクローズアップされたこともあり盛り上がりが懸念されたが、就職を希望する学生の数は平均並みだという。就活に詳しいエンナビの倉田さんは「ネットではブラック企業を叩いても、実際には就職活動をしないわけにはいかないのでは」と分析する。
 
東京都内の居酒屋チェーン「亜民(アタミ)」では、午前0時の解禁に合わせて同社社員と飲み会ができる「就活解禁飲み」を実施。一足先に社会人気分を味わってもらおうと、上司役の社員とともに同社の社訓を通して交流を深める狙いがある。参加費は4000円(割り勘不可)で、「一昔前は上司が奢っていただろうが、今はどこも懐が厳しい。こういう現実を身を持って知ることが大事」(亜民の担当者)という。
 
また、大手広告代理店の電博では「キラリ☆シュウカツドラフト」を開催する。企業の人事担当者500人を前に学生がステージに登壇、プロフィールや特技をアピールし、「面接を受けさせたい」と感じた学生を指名するイベントだ。学生は指名企業との「優先面接権」を獲得するが「内定とは関係ない。面接がうまく行かなければ何度でも参加してほしい」(電博の担当者)という。参加費は2万円(年間)。
 
最近では大学で就活を専門的に学ぶ「就職学部」ができたほか、企業も就活に積極的にかかわるケースが増えている。倉田さんによると、圧迫面接を実地訓練する企業主催のスクールも人気があるという。
 
ある企業の人事担当者は「就活はそれ自体が企業にとって仕事のうち。少しでも収益を上げようと、ビジネスとして就活に取り組んでいる」と明かした。


[PR]
# by remarkabler | 2013-12-01 01:07

24時間CM専門チャンネルが開局へ 日本初

いつまで経ってもCMが続き、新聞のテレビ欄にも番組名が載っていない――。日本で初めてとなるCM専門チャンネルが、来年にも開局予定であることがわかった。大手広告代理店・電博が26日、定例会見で明らかにした。
 
電博によると、このチャンネル「CM+(シーエムプラス、仮称)」では時報やニュースなど番組は一切放送しない。成沢哲夫メディア統括コミュニケーションプランニング本部長は「主役は番組ではなく広告。CMのクリエイティビティを楽しんでほしい」と話す。一日に流れるCM本数は、民放各局の平均と比べて最大1万倍に達する見込みだという。
 
通常のCMは、スポンサー企業がCM放送枠を番組への「提供」という形で購入するのが一般的だが、高視聴率番組では価格が高騰したり、逆に低視聴率番組では広告効果が見込めない問題があった。また、番組内容に腹を立てた視聴者から企業が批判されるリスクも指摘されてきた。
 
しかし、「CM+」ではそもそも番組が無いことから、番組人気や視聴率に広告効果が左右されない。さらにCM放送枠が大幅に増えることから、販売価格を低く抑えられるメリットがある。
 
成沢(略)本部長は「最近は『ガールフレンド(仮)』や『パズドラ』、『白戸家』など名作CMが多い。テレビは決してオワコン(終わったコンテンツ)ではない」とした上で「CMを見ながら家族だんらんを楽しむのもいいのでは」と次世代型のスマートライフスタイルを提案する。記者の「『ドコモ田家』はどこにいったのか」との質問には答えなかった。
 
企業がそれなりの金額を出せば24時間同じCMを繰り返すことも可能で、会場で『ランチパック/ダンス篇15秒ver』を24時間にわたりリピートするデモ映像が流されるなど、洗脳的手法を取り入れた新しい広告宣伝モデルとしても注目を集めそうだ。
 
電博では来年4月1日の開局を目指すと同時に、2年後をめどにラジオCM専門チャンネルの運用も視野に入れているという。
c0006425_03200400.png


[PR]
# by remarkabler | 2013-11-28 03:22 | 芸能: 水野亜紀

紅白歌合戦、今年は「紅白グランプリ」でトーナメントに

大晦日に放送される第64回紅白歌合戦が、従来のチーム戦から出場歌手全員によるトーナメント(勝ち抜き戦)に変更されることがわかった。番組名も「紅白グランプリ2013」となる。

本紙取材で明らかになった。新方式では出場歌手が1対1で対戦。それぞれ持ち歌を披露し、ゲスト審査員と会場の一般審査員、カラオケの点数で勝敗を決める。

また、出場歌手54枠は「演歌枠」「AKB枠」のほか「特別シード」として準決勝から登場する剛力彩芽さんなど半数が決定しているが、残りは「予選」を実施し決定。一次予選は「のど自慢」で、二次予選、三次予選の様子は特別番組として放送される。予選にはプロ、アマ問わず応募できるという。

大会方式の変更についてテレビ局関係者は、「安定を良しとせず、常に変化が必要」としているが、低迷する視聴率へのテコ入れとの見方が強い。

紅白歌合戦の視聴率は64年の61%がピークで、昨年は瞬間最低2.7%(オネエキャラ軍団が半裸で三点倒立するシーン)を記録するなど苦戦。ソフトバンクのCMソング「バリバリバンバン」や複数のエアボーカルを出演させたが振るわず、局内からは抜本的な改革が求められていた。

前述の関係者は「Mー1グランプリからリニューアルしたTHE漫才がプロデューサーの念頭にあるようだ」と話し、民法のバラエティ色を強めていくことを示唆。番組途中に100キロマラソンや「あまちゃん」の再放送、NHKのNG集などを挟むことが予定されており、放送時間は年をまたいで過去最長の30時間を超える見通しだ。

時間が足りなくなった場合はバトロイヤル形式のプロレスルールを適用する方針だが、「和田アッコの一人勝ちではないか」と盛り上がりに欠けることを懸念する声が早くも聞かれるという。

(写真=第56回紅白歌合戦の総合司会で、宙吊りになるみのもんたさん)
[PR]
# by remarkabler | 2013-11-25 12:54 | 芸能: 水野亜紀

自社概要 従業員:1名

このサイトの記事は全て「うそニュース」です。気楽に読んで笑ってください。

虚報タイムスについて
  【よくお読みください】

虚報タイムスtwitter
紙面版のご案内

展示記録:
2007-2010年
武蔵野美術大学芸術祭にて新聞紙面作品を展示

mail
news.lie.net(アット)gmail.com

何か問題やお気づきの点がありましたら、メールやコメントにてお知らせください。


ニュース系リンク

世界びっくりニュース
虚構新聞社
Museum of Hoaxes
偽嘘新聞
アソビ・コム
笛育新聞社
バーチャルネットほら吹き娘 燕17歳
Dの嘘
脳内新聞(ブログ版)
ほほえ味屋
テクトイックス・タブロイド
bogusnews
Unidentifier
やゆよ記念財団
毎嘘タイムズ

その他リンク

猫とあじさい
新・手品師の裏側
Eccentric World of Shanla
AVANTI
Magicboy
幻想標本博物館
海外ボツ!News
なんでも評点
ABC振興会
AZOZ BLOG
TrekEarth
X51.ORG
Pya!

人気ジャンル

以前の記事

2015年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 06月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2001年 12月
2001年 04月
2001年 03月

お気に入りブログ

Mistery blog
読んだ海外ミステリ
100STORY
新月倶楽部
雲谷斎の「逢魔が時物語」...
rubytuesday ...
日々是読書
北イタリアの風景
政態観察ブログ版
キューブ水槽でアクアリウム
Jugemu - Magic
Creative Story
話すコトバをアタシは知らない
現代用語のクソ知識200...
蒼天     by 蒼唯 
地下唯我独走
わたしのとなりに誰かいる
foggyな読書
マジシャン南海子Diary
clear water
中国歴史小説と幻想的な恋の話
Tomp Stompの子育て記
コトバのタカラバコ
虹の螺旋
駿河木の家日記 sur...
F.A.Q.
GUYの日常
O V E R D O ...
Livre/Football
La noticia a...
~  想 奏 曲  ~
空の色
100年前のフランスの出来事
松田のネタ帳